野村もSBIも参入「デジタル有価証券」の新潮流

国内初が相次ぐSTOは証券界に大変化をもたらす

実験的な取り組みも含めて国内でも発行実績が増えつつあるSTOだが、課題は残っている。

3月29日の「国際金融都市OSAKA推進委員会」設立総会で、大阪府知事などを前に取引所について熱弁する北尾社長(右から2番目)

日本国内には先行するシンガポールのようなSTの取引所がなく、購入後の売買が難しいからだ。現状、STの取扱計画を具体的に示している取引所は、SBIグループとSMBCグループが計画している「大阪デジタルエクスチェンジ」のみで、STの取引開始は早くても2025年になる見込みだ。

個人投資家は社債でSTOの案件が増えれば買いやすくなるが、しばらくはSTの取引市場が存在しないため、証券会社と相対で売買する状態が続くことになる。

STOが多様化する可能性

それでも、次世代の有価証券管理を担う仕組みとして、公募のSTOは今後も続きそうだ。目下、準大手証券の東海東京フィナンシャル・ホールディングスが個人投資家向けに公募のSTOを準備している。第1号案件は不動産を裏付けにした発行になる計画で、国内初の社債以外を対象とした公募のSTOだという。

対象だけではなく発行体の多様化も進む。2020年2月にはみずほフィナンシャルグループがヤマダ電機、オリエントコーポレーション、ファミリーマートなどとともにデジタル社債発行の実証実験を行った。こうした企業が公募のSTOを行う可能性もある。

STに紐づける資産が多様化し、さまざまな業種の企業が発行を行えば、STOへの注目度がいっそう高まるだろう。いずれにしても、本当のメリットが広く投資家に認識されるためには、日本におけるSTの取引所開設が欠かせない。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT