日本人が多用「させていただきます」の重大問題

「言葉の過剰包装」あなたはOK?減らすコツは?

私がコミュニケーション修業のために渡米したとき、数多くの「鉄人」に師事したのですが、その中のひとりに「ボディランゲージの専門家」がいました。

「ポーカーのチャンピオン」だったという彼は、人の「表情」や「動き」を読み、ゲームを有利に進めるという特技を生かして、「ジェスチャー」や「魅せ方」を教える学校を開いていたのです。

その教えの中で、最も印象的だったのは、「リーダーシップや強さは『その人の占める空間の大きさ』で決まる」という考え方でした。「背はピンと伸ばし、身振り手振りで、なるべく大きなスペースを取りなさい」というわけです。

トランプ前大統領などを思い起こしていただければ、わかりやすいでしょう。

彼は身長190センチの巨漢ですが、アコーディオンを弾くように手を左右に大きく開くしぐさを多用していました。威風堂々とふるまうことが強さを印象付けるのだ、という認識なのです。

へりくだりすぎる「日本人のボディランゲージ」

そんな姿を見慣れた私にとって、驚きだったのが、「自分を過剰なまでに小さく見せ」「へりくだる」日本人のボディランゲージでした。

例えば、帰国の飛行機の中で見かけた、ひざまずき、客と目線を合わせて話をするCA。さらに、日本到着後、リムジンバスに乗ろうとすると、係員が身をすぼめ、深々と頭を下げるではありませんか。成田から都心まで1000円ぽっきりの格安バスです。そこまで丁寧にしてもらうのは申し訳ない気がしました。

「ファーストクラス級」の「おもてなし」に慣れきっている日本人からすると、違和感はないかもしれませんが、世界から見ると極めて異例です。はたして、CAやバスの係員は、つねに客に「奉仕」する立ち場の人間なのだろうか、とふと考えてしまいました。

そもそも、彼らの第一義的な責務は「安全運行を提供すること」であり、客との間に上下関係などはないはずです。

一連の所作が、客が上で、人々は仕える身という「主従関係」を固定させることにならないだろうか。そんな疑問がわいてきたわけです。

次ページ「名刺は相手より下に出せ」という謎マナー
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT