日本人が多用「させていただきます」の重大問題

「言葉の過剰包装」あなたはOK?減らすコツは?

【変化1】口癖を直す

1つめは、口癖となっている「思います」「させていただきます」は本当に、必要かどうかを考え、なるべく減らしてみるということ。

【変化2】ボディランゲージを大きくする

2つめは、「自分を小さく見せるボディランゲージ」ばかりになっていないか、観察してみることです。例えば、日本人がお得意のしぐさのひとつに「股間の上で手を重ね合わせる」というポーズがあります。

これは、じつは海外では「イチジクの葉のポーズ」と言われ、要注意の姿勢です。アダムとイブが大切な部分を葉で隠していたことに由来しており、大切な部分を隠し、防御している、つまり、人に心を開いていない、と取られるわけです。肩がすぼまり、前かがみになりやすく、あまり自信がない状態にも見えてしまうのです。

ですので、自信をもっとアピールしたいのであれば、手はおへそのあたりで組むか、両脇に垂らした状態か、もしくはジェスチャーを入れ、肩はなるべく広げるのが、グローバルのスタンダードです。

【変化3】「パワーポーズ」を試してみる

3つめは、大事なプレゼンの前などに、体を大きく見せる「パワーポーズ」を試してみる、ということです。

ハーバード大学のエイミー・カディ教授が唱えた学説ですが、スーパーマンのように手を大きく上げるなどのポーズなどを取ることで、ストレスホルモンが下がり、精神を安定させるホルモンが分泌されるというものです。

この学説には異論もありますが、縮こまりがちな日本人であれば、誰もいない場所で、体を大きく広げ、自分の可動域を拡張してみるのも悪くないでしょう。

小さな一歩で「自分の殻」は破ることができる

カディ教授曰(いわ)く、「Fake it, till you make it(本物のまねをしているうちに、本物になれる)」。つまり、「パワフルに振る舞うだけで、本当にパワフルになれる」ということ。

自信があるフリをすれば、自信は後からついてくる」というわけです。逆に言えば、「肩を落とす」「うつむく」といった自信のないしぐさばかり続けている限り、なかなか自信も湧いてこない、ともいえます。

ちょっと手を広げ、背を伸ばし、肩を張ってみる」。まずは、そんな小さな一歩からコミュニケーションのカタチを変えれば、「自分の殻」を破ることができるのです

ぜひ「世界標準の話し方&コミュニケーションのスキル」を身に付け、堂々とした話し方と自信を手に入れてくださいね。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT