日本人が多用「させていただきます」の重大問題

「言葉の過剰包装」あなたはOK?減らすコツは?

コンビニや店先で、極度に悪質なクレームを入れる「モンスターカスタマー」が話題になりますが、「お客様は神様」という神話がまかり通り、横柄な態度をとる客は少なくありません。

そうしたクレーム対策もあり、日本のカスタマーサービスは「とにかく下手に出ておくべき」「謝っておくべき」「へりくだっておけば安全」と、どんどんと過剰になっているきらいがあるように感じます。

まるで「名刺は相手より下に出せ」という謎マナーで、どちらが下に出すかを競争しているような「萎縮」モードに社会全体が包まれ、言葉はまどろっこしく、所作は仰々しくなっていくというわけです。

居心地のいい「殻の中」にとどまる限り、成長は望めない

そうした心と体の「過剰包装」の中で、日本人は「殻」に閉じ込められ、自分の本音や本心を出せなくなってきているように思えてなりません。

英語で、「think outside the box(箱から飛び出して考えよう)」や「get out of comfort zone(コンフォートゾーンから抜け出よう)」と言われますが、自分の心地いい「殻の中」にとどまり続ける限り、成長は望めないということです。

椎名教授は「『させていただく』シェルター」と形容していますが、誰もが「ヤドカリ」のように自分の殻に閉じこもれば、人とのつながり作りも難しくなります。「過剰な包装紙」を破り、胸襟を開き、ぶつかり合うことで、絆もイノベーションも生まれやすくなるはずです。

では、どうすればいいのか。この「シェルター」から脱出することは容易ではありませんが、ちょっと「コミュニケーションのカタチ」を変えるだけで、飛び出す自信や勇気が湧いてくるものです。

まずは、次の「3つの変化」から始めてみてください。

次ページやるべき「3つの変化」とは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT