「新しい環境に馴染めない人」のための処世術

無理してまで「みんなとうまくやる」必要はない

Jam:昔は何かあるたびに落ち込んだり、対処法を探したりしていました。でも、それってものすごく手間のかかること。いろんなやり方で受け流す練習を10年くらい続けるうちに、「いちいち考えるのは面倒くさい」と考えるのがいちばんいいと思うようになり、だんだん自然に受け流せるようになりました。

独立してフリーランスになり、「強くならなければ」と思うようになったことも、変化に結びついたのかもしれません。

「誰かを嫌う」ことはいけないことなのか?

武田:私はHSPを「繊細さん」と呼んでいますが、繊細さんはまわりの状況や相手の感情に細やかに気づくため、気づいたことすべてに対応しているとキャパオーバーになってしまいます。

半自動的に対応する前にいったん立ち止まり、「自分はそれをやりたいのか」「それをやる余裕があるか」を確認することが必要です。「私はこうしたい」という自分の本音に耳をすませることで、少しずつ自分のままで生きられるようになっていきます。

これまでまわりを優先していた人が自分に目を向けるようになると、自然と出てくるのが「イラッとする」「嫌い」といった感情です。繊細さんは相手の事情を思いやる力が強いので、怒ったり嫌ったりすることが苦手な人が多い。「私にも悪いところがあったし」とか、「誰かを嫌うのは悪いことだ」と思ってしまうのです。

そんなときは「怒っていいんだよ」と自分を許可してあげてください。「イヤだ」「嫌い」とはっきり思えることは、繊細さんにとって大きな一歩です。その感情を相手にぶつけるかどうかは別問題なので、伝える際は冷静になる必要がありますが、まずは自分の感情を認めてあげることが大切です。

Jam:私は、昔はイラッとしたりモヤッとしたりすることが多く、一時期は感情を押し殺そうとしていたこともありました。でも、怒りや悲しみを押し殺すのに慣れると、喜びや幸せまで感じにくくなってしまうことに気づいたんです。

受け流すことを覚えてからは、昔より心が波立たなくなりました。何か言われてイラッとしたら、その感情自体は受け止めますが、「これくらいで悩むなんて面倒くさいな」とか「今ごろパフェでも食ってるだろうな」とか、最終的には「生きる分には何の問題もない」と思考を段階的に上げて、無駄に悩まないようにしています。

次ページ新しい環境になじめない場合はどうするのが正解?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT