「不安なのに何もできない人」が陥っている状態

失敗するのを恐れすぎて動けないことの無意味

この半年間あなたは何をやっていましたか?(写真:アン・デオール/PIXTA)
未曾有の社会情勢の中、「このままではまずい。でも動けていない……」という人が多いのではないでしょうか。オリンピック選手をはじめ、1万5000人以上の目標実現をサポートしてきたメンタルコーチの大平信孝氏は、最新刊『「すぐ動ける人」の週1ノート術』で、「仮決め仮行動で素早く動き出す秘訣」を紹介しています。本稿では、「失敗したらどうしよう」と考えすぎてなかなか前に進めない人が一歩踏み出すのにはどうしたらいいか指南します。

まずこの半年のことを振り返ってみよう

「この半年、どんな不安を抱えながら、どんなふうに過ごしてきましたか?」突然ですが、本稿を読むのをちょっとだけ中断して、この半年のことを振り返ってみてください。おそらく、刻々と状況が変化する中で、

・変化の波についていくのがやっとで、「これ!」といったことはしていないのに毎日疲れきっている
・状況が好転する兆しを待っていたら、あっという間に半年も過ぎてしまった
・ある程度状況が落ち着くまで新しいことに挑戦するのは延期しようと思っていたら、ほぼ何もできずに半年も過ぎてしまった 
・誰かが打開策を見つけてくれるのではないかと期待していたら、ずるずるとここまできてしまった

といった方も少なくないでしょう。

不安なときや考えても調べても正解にたどり着けないというとき、一度立ち止まることは大事です。でも、正解が見つかるのを待っていたり、不安が解消されるのを待っているだけでは、不安はなくならず時間だけが過ぎてしまいます。

「失敗したらどうしよう」「絶対に失敗できないから、ちゃんと正解を見つけてから行動しよう」と考えすぎてしまうと、足が止まってしまい、誰でも動けなくなります。そして、「不安だから、行動しない」という思考パターンから抜け出せず、状況待ち、指示待ち、正解待ち、条件待ちをしていると、それだけで半年、1年とあっという間に時間が過ぎてしまいます。

次ページ先が見通せなくても動いてみる「グレー力」とは
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT