「温水洗浄便座で洗いすぎのお尻」が大変なワケ

皮膚表面のバリア機能が失われている可能性

お尻の「洗いすぎ」はさまざまなトラブルを引き起こす可能性があるようです(写真:kimtoru / PIXTA)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、テレワークの導入が進むなど働き方に変化が生じてきました。椅子に座る時間が以前より長くなったことで、お尻のトラブルに悩む人もいるかもしれません。『痛み・かゆみ・便秘に悩んだら オシリを洗うのはやめなさい』を上梓した、肛門科医の佐々木みのり氏が、お尻のトラブルが起こる原因と解決方法を紹介します。

温水洗浄便座で「洗いすぎ」が原因?

お尻のトラブルで来院される方には、1つの共有点があります。それは、体やお尻をよく洗っていることです。トイレに行けば必ず温水洗浄便座の洗浄機能を使う。お風呂でせっけんをつけてしっかりこすり洗いをする。中には、肛門を消毒している方までいらっしゃいます。しかし、「お尻は清潔にしておかなくてはいけない」と意識を高く持って洗っている人ほど、お尻は汚れているかもしれません。

温水洗浄便座を愛用している方のお尻を診ると、

  • ・肛門が真っ白
  • ・肛門が真っ黒
  • ・肛門がシミだらけ
  • ・肛門プツプツ病
  • ・肛門がつっぱる
  • ・肛門がペタペタする
  • ・肛門がテカテカする
  • ・肛門ヒリヒリ病
  • ・洗いすぎ切れ痔
  • ・肛門に性病
  •  

といった悲惨な状態になっていることが往々にしてあります。ほかにも、下着に便がついている方や、肛門に紙がくっついている方までいらっしゃいます。これらは、お尻の洗いすぎが原因の場合があります。なぜ、お尻を洗いすぎると、さまざまなトラブルを引き起こしてしまうのでしょうか?

それは、お尻を洗いすぎると、「皮脂膜」がなくなってしまうからです。皮脂膜は、皮膚の表面を潤している天然の油分であり、とても重要な皮膚のバリア機能を担っています。

皮脂膜は外部から有害な物質を侵入するのを防ぐだけでなく、弱酸性のためバイ菌の増殖を防ぎ、皮脂膜の中にいる常在菌が肌を守ります。

また、皮膚の表面が皮脂膜という油分で覆われているので、皮膚内部の水分が蒸発せずにすんでいます。肌を守り、水分の蒸発を防ぐ皮脂膜は、洗いすぎると簡単になくなってしまいます。そのため、洗いすぎたお尻は免疫力が低下して、さまざまなトラブルを引き起こすのです。

次ページ洗いすぎで炎症が繰り返される
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT