「うんこミュージアム」作った45歳男の面白人生

阿部晶人「キーワードはMAXうんこカワイイ」

現在お台場で開催中の「うんこミュージアム」をはじめ、WEBから映像・イベントまで、さまざまな企画・制作を行ってきた、クリエーティブディレクターの阿部晶人さん(45歳)(写真:OCEANS)

「コンセプトは、うんこの解放。製作中は『うんこをナメるな』を合言葉にアイデアを出し合いました」

この人は何を言っているんだろう? そう思ってしまうようなせりふを、阿部晶人さん(45歳)は、大まじめに語り始めた。

面白法人カヤックに所属する阿部さんは、8月9日、東京お台場にオープンした「うんこミュージアムTOKYO」の仕掛人の1人だ。

とにかく、うんこまみれ

『うんこミュージアム』は、アカツキライブエンターテインメントと面白法人カヤックが手を組んで生み出した、アミューズメント空間。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

今年3月にオープンした「うんこミュージアム YOKOHAMA」で人気が爆発し、お台場での開業のほか、他の地方自治体からも声がかかっている人気イベントだ。

「キーワードは、MAXうんこカワイイ。これが『マンモスうれぴー』みたいに、普通に使われるようになることを狙っています」

ミュージアム内は、巨大オブジェや写真映えするカラフルな世界観の「ウンスタジェニックエリア」に、ゲームが楽しめる「クソゲーセンター」など、とにかく、うんこまみれ。

書いていてもゲシュタルト崩壊を起こしそうだが、とにかく一般的に汚いと思われているうんこを「かわいい」と掛け合わせた、新体験スポットだ。

メインターゲットは流行や写真映えに関心の強い女子大生だという。そして、若い女性たちのハートをつかむ仕掛けを施すクリエーターが、阿部さんなのだ。

40代にして、うんこに女子のツボを見出したクリエーティブ・ディレクター。いったいどんな人物なのか、その裏にどんな想いを抱えつつ、プロジェクトを成功させているのか、そんな「面白い」を追及する人生を追った。

東京お台場にオープンした『うんこミュージアムTOKYO』(写真:OCEANS)
次ページクリエーティブ人生のスタートは電通
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT