「うんこミュージアム」作った45歳男の面白人生

阿部晶人「キーワードはMAXうんこカワイイ」

現在お台場で開催中の「うんこミュージアム」をはじめ、WEBから映像・イベントまで、さまざまな企画・制作を行ってきた、クリエーティブディレクターの阿部晶人さん(45歳)(写真:OCEANS)

「コンセプトは、うんこの解放。製作中は『うんこをナメるな』を合言葉にアイデアを出し合いました」

この人は何を言っているんだろう? そう思ってしまうようなせりふを、阿部晶人さん(45歳)は、大まじめに語り始めた。

面白法人カヤックに所属する阿部さんは、8月9日、東京お台場にオープンした「うんこミュージアムTOKYO」の仕掛人の1人だ。

とにかく、うんこまみれ

『うんこミュージアム』は、アカツキライブエンターテインメントと面白法人カヤックが手を組んで生み出した、アミューズメント空間。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

今年3月にオープンした「うんこミュージアム YOKOHAMA」で人気が爆発し、お台場での開業のほか、他の地方自治体からも声がかかっている人気イベントだ。

「キーワードは、MAXうんこカワイイ。これが『マンモスうれぴー』みたいに、普通に使われるようになることを狙っています」

ミュージアム内は、巨大オブジェや写真映えするカラフルな世界観の「ウンスタジェニックエリア」に、ゲームが楽しめる「クソゲーセンター」など、とにかく、うんこまみれ。

書いていてもゲシュタルト崩壊を起こしそうだが、とにかく一般的に汚いと思われているうんこを「かわいい」と掛け合わせた、新体験スポットだ。

メインターゲットは流行や写真映えに関心の強い女子大生だという。そして、若い女性たちのハートをつかむ仕掛けを施すクリエーターが、阿部さんなのだ。

40代にして、うんこに女子のツボを見出したクリエーティブ・ディレクター。いったいどんな人物なのか、その裏にどんな想いを抱えつつ、プロジェクトを成功させているのか、そんな「面白い」を追及する人生を追った。

東京お台場にオープンした『うんこミュージアムTOKYO』(写真:OCEANS)
次ページクリエーティブ人生のスタートは電通
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT