「東大中退」「余命5年」42歳ラッパーの壮絶人生

ダースレイダーを支えたヒップホップの精神

病気を経てたどり着いた、ダースレイダー氏の独特の死生観とは(写真:OCEANS)

「生きている以上、やりたいことをやるし、歌いたいときには歌う。死ぬまでは、いくらでも選ぶことができますから」

当時33歳のラッパーを、突如、脳梗塞という病が襲った。病院への搬送が30分遅れていたら命を落としていた危険性もあったという。さらに合併症で左目も失明し、40歳になる頃には腎臓の数値も悪化。医師から「余命5年」を告げられた。

そのラッパーの名はダースレイダー(42歳)。東大中退のエリートとして知られ、人気番組「フリースタイルダンジョン」にもたびたび登場するこのアーティストは、まさに“死と隣り合わせ”の日々を過ごしている。しかし、その生き様は驚くほど前向きで、悲壮感などカケラも感じさせない。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

「ジタバタしようが死ぬときは死ぬ。それは僕に限ったことではないですよね」

不慮の事故も耐えないこの時代、確かにそれは事実だ。ただし頭ではわかっていても、それを切実に感じながら生きている健康体の人間などほとんどいない。ダースレイダーとは状況が違う。

こめかみに銃口を突きつけられたような状態にありながら、まるで何事もなかったかのように笑い、絶対に怯まず生きるダースレイダー。この男の強さの根源は何か。その笑みを支えていたのは、つねに逆境を跳ね返そうとする“ヒップホップの精神”だった。

ヒップホップと出会った高校時代

彼がヒップホップと出会ったその日まで時計の針を巻き戻そう。当時、父親と同じ東京大学に入学するため、御茶ノ水の駿台予備校に通っていたダースレイダー少年。そこである日、不良予備校生の先輩がラジカセをかつぎ、自習室でラップをする姿を目撃した。

「僕はずっとロック好きで、’60sや’70sの音楽を軸にブルースやファンク、ソウルを聴いてきた人間でした。音楽は好きだったけど、楽器もやらないし、歌も歌わない。その不良予備校生も楽譜は読めないし、楽器も弾かない。なのに、音楽をやってたんですよね。その人を見て『これだ! ラップでなら僕も音楽ができる』と気づいたんです」

次ページ転機となった人生初のラップ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。