「東大中退」「余命5年」42歳ラッパーの壮絶人生

ダースレイダーを支えたヒップホップの精神

「世界にはレイ・チャールズやスティービー・ワンダーといった、誰もが知る盲目のアーティストがいる。もし両目が見えなくなったとしても、彼らという存在がある。彼らにできて自分にできないことはないかなって」

そうかもしれないが、そう簡単に気持ちの切り替えなどできるものだろうか。

「病気は不幸だし、しんどい。それは間違いないんです。でも、病気で倒れる前の僕と、今の僕。どちらが楽しいか、どちらが幸せかと言われれば、簡単には比較できません。今の自分だからこそ考えられること、出会える人、話せることが確実にありますからね。

病院にいた期間は長くないですが、最もハードで多くを学んだあの時間は、僕にとってまさに“通過儀礼”で、ひと回り成長したと思っています」

マイナスはプラスに変わる

こうしたダースレイダーの考え方の根底にはヒップホップの哲学がある。

もともと、遊ぶ金もないアメリカのマイノリティーたちが公園にターンテーブルを持ち出して遊んだのが音楽になり、カルチャーになった。マイナスの状況をプラスに変える逆転の発想こそがヒップホップの原点だが、ダースレイダーは闘病というチャプターにおいてもこのヒップホップの真髄を地でいった。

「病気や事故、先天的でも後天的でも自分の不遇をマイナスとして抱え込む人は多いけど、僕はマイナスがプラスに変わることを証明したかったんですよ。自分の経験をラップにしたり、本にしたりすることで誰かが共感してくれる。病人をレペゼン(代表)して発信することで、誰かの役に立つかもしれないから。

この眼帯もそう。これは自分でプロデュースする眼帯ブランド『OGK』のものですが、既存のものはどれも丹下段平みたいなのばっかりでつまらなかったから自分で作りました(笑)。病人は弱った存在というイメージを持たれているなら、その発想を逆転させ、自分が『楽しくて派手な病人』になって病人像を覆す。そうすることで『病気でも元気でいいんだ』っていう気づきを誰かが得てくれるかもしれないから」

両親は若くしてこの世を去り、自身も40歳という若さで「余命5年」を告げられたダースレイダー。そんな彼は今、どんな死生観にたどり着いたのか。やはり短命かもしれない自分の運命をどう受け止めているのか。

「妻にも伝えていることですが、僕は遺書をUSBに入れて持ち歩いています。いつバタンッ!ときても大丈夫なように。僕が死んだときはこうしてほしいということが書いてあります。遺書はその都度で内容を更新するので、そのたびに死について考えますよ。だからこそ、今生きているということも実感するんですよね。

もちろん、死は恐れるもので、できるなら避けたいものですが、僕の場合は脳梗塞のときに1度死にかけているので、今さら恐怖はありません。いくら死にたくないと祈っても、“その日”は突然やってくるでしょう」

次ページ2人の娘たちへの思い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT