「うんこミュージアム」作った45歳男の面白人生

阿部晶人「キーワードはMAXうんこカワイイ」

大阪で生まれ育った阿部さん。小学校1年生のときに始めた剣道は、人生の転機とも関わる長い付き合いとなる。

「小、中、高校、大学と剣道は続けていました。大学ではたまたまゼミの教授が剣道界で有名な方だったのですが、それを知らずに、説々と剣道の知識を披露して恥ずかしい思いをしましたね(笑)」

剣道と同じく夢中になったのがインターネットの世界だ。ちょうど阿部さんが大学に入学した1990年代初頭はインターネットの波が日本でもようやく広がり始めた頃だった。

入社理由は「挑戦状だと思ったから」

「まだ未知数だったネットの世界にどっぷりハマって、ウェブサイトばっかり作っていました。とくに印象的だったのは剣道についてホームページを制作したら、世界中で閲覧されるようになったこと」

世界初の剣道関連ホームページを作成したことで、全日本剣道連盟の情報委員にまで任命。発信することの面白さを体感した阿部さんが、新卒で入社したのが日本を代表する広告代理店・電通だった。

電通は、自分への挑戦状だと感じたんです(写真:OCEANS)

「当時もスマートな理念や体制の外資系企業が多くなっていたなか、電通は異色でした。『鬼十則』なんて体育会系で日本的なやり方を通しながらも世界的に実績を上げている。そんなギャップが、面白いなと思った。自分への挑戦状のように感じたんです」

入社後2年間はクリエイティブ局に所属し、コピーライティングについて学んだ。最初に書いたのは、水虫の薬のキャッチコピー。ここから阿部さんのクリエーティブ人生は始まる。

「キャッチというより技名をつけろと言われて『アイススプレー噴射!』と名付けたことをすごく覚えています。その次は痔の薬……。偶然ですが、今回のうんこミュージアムに通ずるものはありますね(笑)」

商品のラジオCM40本を1晩で考えて提出するなど、一筋縄ではいかない職場。しかし、そこで磨かれたアイディアが現在にも活きている。

電通初のウェブプランナーに抜擢され、国内外の広告賞を受賞するなど、阿部さんの活躍は目覚ましいものだった。

「ただ、当時の電通は配属された分野を突き詰める会社。これからはウェブも映像も広告も複合的なものを作ってみたいなと思ったのが、辞めるきっかけでした」

次ページ31歳で電通を退社
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT