アマゾンやめ「実店舗」で成功した49歳男の人生

「元通販のプロ」が実店舗にこだわった理由

世界で唯一といわれるカセットテープ専門店「ワルツ」を営む角田太郎さん(写真:OCEANS)

「実店舗でカセットテープを売る。誰がどう考えても成り立たないビジネスだと思いませんか」

穏やかな声音で角田太郎さん(49歳)はそう言った。

中目黒からのんびり歩くこと10分ほどだろうか。閑静な住宅街の中に「Waltz(ワルツ)」はある。倉庫のような広い間口。その扉を開けると店内にはカセットテープがぎっしりと、丁寧に整然と、並べられていた。

世界唯一の「カセットテープ専門店」

オーナーである角田さんはここ中目黒の一角で、おそらく世界に1つだけのカセットテープ専門店を営んでいる。店内には、早朝ということもあり柔らかな光が差し込み、カセット一つひとつにつけられた角田さんお手製のPOPを輝かせていた。膨大な数のカセットに囲まれながらも、まったく窮屈さを感じない開放的な空間だ。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

「店内にあるカセットテープは6000本くらい。ストックはその何倍もあって、倉庫に収納してあります」(角田さん、以下同)

グッチにインスピレーションを与えた場所「グッチ プレイス」として日本初の認定を受けたワルツ。アナログを愛する人々の聖地としてグッチとの限定アイテムも誕生するなど、その存在感を高めている。

「グッチ プレイスに選ばれているのは歴史的建造物ばかり。本当にうちでいいのかな?って(笑)。中目黒の片隅でやってるような店を見つけたグッチさんの嗅覚にも驚きました」

2015年8月にオープンしたワルツ。角田さんの前職はなんと、ネットショップ最大手のAmazon(アマゾン)だ。

次ページ「今の時代にこんなバカなことを始めようとする人はいない」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT