アマゾンやめ「実店舗」で成功した49歳男の人生

「元通販のプロ」が実店舗にこだわった理由

2000年の11月にオンライン書店として日本でのビジネスを開始したアマゾン。その半年後、CD・DVDの販売をスタートする計画に伴い、角田さんはこれまでの経験を活かして、部門の立ち上げを任されることとなる。

アマゾンで過ごした歳月

「僕が入ったときは社員も50人ほどしかいませんでした。それが14年間で世界を代表する企業となり、今や時価総額世界一になってしまった」

CD・DVDのビジネスを軌道にのせたあとは書籍、日用品部門などを渡り歩き、さまざまなカテゴリーの商品を担当した。

CD・DVDのビジネスを軌道にのせたあとは書籍、日用品部門などを渡り歩いた角田さん(写真:OCEANS)

「アマゾンはすごく数字に厳しい会社。1つのセクションに長く居続けることは難しくて、結果を出したら次の部門に異動となり、そこでも結果を求められる。日用品の担当になったときは戸惑いましたが、事業部長にもなっていちばんやりがいを感じましたね。責任は重いけれど充実していました」

めまぐるしいスピードで会社が成長していくなか、結果を出せない人は辞めてしまうような難しさがアマゾンにはあった。10年以上のキャリアがある人はほとんどいないような状況で、角田さんの14年というキャリアは異例といえる。

そんな中、なぜ「ワルツ」オープンに至ったのか。

「会社勤めだったら当たり前な部分もあるのですが、人に人生決められているみたいだなと、ふと思ったんですよね。40半ばになって、そろそろ自分が本当にやりたいことを追求していかないといけないんじゃないか。そんなことを思い始めたんです」

40代に入って立ち止まった角田さん。ちょうど、カセットテープの魔力に取り付かれていた時期でもあった。

「アートブック『MIX TAPE』で出合ったカセットテープの写真が、もうアートそのものだなと感じたんです。小さくて美しいフォルムに、音楽が詰まっている。2000年代に入って、またカセットテープに夢中になりました」

前職は14年間Amazon(アマゾン)に勤め、責任ある仕事を担ったが40代を半ばに人生を自分でコントロールしたいという思いが芽生えた。とはいえアマゾンで過ごした時間は角田さんにとってかけがえのないものだったという。

「アマゾンってすごくいい会社なので、14年間、僕は一度も転職したいと思わなかったんですよね」

アマゾンを離れて自分に何ができるか、考えて行き着いたのが夢中になっていた“カセットテープ”だった。

次ページ勝算はあったのか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT