「子なし」の条件で結婚した夫婦は幸せなのか

「僕ら夫婦にとってはこの形がベスト」

「子どもをつくらない」という約束のもと籍を入れたTさんに本音を聞く(写真:OCEANS)
夫婦のカタチは人それぞれ。その数だけ、異なる幸せがある。たとえ一般的なスタイルと一線を画すものであっても、当人たちが納得していればそれでいいのだ。当連載では、ステレオタイプな「理想の家族」の型にはまらず、独自の主義を貫く夫婦を取材。異色ながらも円満な結婚生活を通じ、多様な幸せの在り方を探る。

「子供をつくらない」「離婚時の慰謝料2000万円」

今回お話を伺ったのは、家計のコンサルタント会社を営むTさん(43)。整った顔立ち、スタイルも良く、仕立ての良いスーツに身を包んでいる。結婚13年目の妻(40)とは「子供をつくらない」という約束のもと籍を入れた。子なし、を望んだのは妻のほうだという。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

「私が30歳でプロポーズした時、妻から提示された条件はふたつ。別れる時は慰謝料2000万円、そして、子供をつくらないこと。慰謝料の件は冗談めかしてですが、子供に関しては強い意志を感じました。契約書を交わしたわけではありませんが、彼女が真剣だったのでこちらも重く受け止めましたね」(Tさん、以下同)

理由はシンプル。「(妻は)子供が苦手」だから。

「特に、小学生くらいの年代の子供が苦手なようです。また、身体もそんなに丈夫ではないので、出産自体に大きな不安があるとも言っていました」

ただ、夫であるTさん自身の気持ちはどうなのか? 本音を問うと、「欲しくないわけではなかった。子供がいる友人の話を聞くと『楽しそうだな』と思うことはあります」と、若干の未練を覗かせる。

実際、結婚当初は妻の心変わりを期待していたそうだ。

次ページ2回だけ聞いてみたことがある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。