「子なし」の条件で結婚した夫婦は幸せなのか

「僕ら夫婦にとってはこの形がベスト」

「これまで2回だけ聞いてみたことがあります。子供、本当に欲しくないの?って。結婚2年目の時と、妻が35歳の誕生日を迎えた時。出産の適齢期も意識していました。そしたら2回とも『ゼロパーセント!』と即答されたので、もうないなと(笑)。以降は僕自身、気持ちを切り替えました。幸い、僕も妻もそれぞれの兄弟に子供がいて、親に孫を抱かせてあげなきゃ、みたいな重圧もありませんからね」

妻はもともと合理的で、考え方がシンプル。自分の人生に不要とみれば、どんどん切り捨てていくタイプだという。そして、そこが「一番の魅力」とTさんはのろける。

「物を捨てる決断も早いし、スマホの電話帳も1年連絡をとっていない番号は躊躇なく消していく。今は10件も登録されていないんじゃないかな。潔いですよね。かっこいいと思うんです。そんな彼女が決めたことならば、尊重したい」

結婚後、セックスをしたのは1回だけ

Tさんが“完全に”子供を諦めてから5年。以降も、夫婦仲は概ね円満だという。

「喧嘩はほとんどしませんね。出かけるときは手をつなぐし、毎日キスもします。食卓もできるかぎり共にし、『おいしい』は毎回。感謝の言葉もお互いに言い合うようにしています。客観的に見ても、仲の良い夫婦なんじゃないかな」

しかしながら、子づくりをしないとなると「夜の営み」はどうなっているのか? 下世話(かつ、余計なお世話)と思いつつ聞いてみると……。

「結婚後、セックスしたのは1回だけ。籍を入れた当日、いわゆる“初夜”のみです。それまでも1年間くらいしていなかったので、『このタイミングでなかったら、いつやるんだ!』と。突如、夜中の4時に奮起しまして(笑)。まあ、子供を作らない約束があったから、セックス自体もしなくなるのかなあと、多少の不安もあったのかな……」

その初夜の交わりを最後に、十数年の月日が経った。Tさんの不安が的中したわけだが、不満はないのだろうか?

「まあ、僕自身はさほど性欲が強いほうではないので。自分で処理もできますし。妻に聞いてみたこともあるのですが、『今さら、もう恥ずかしくてできない』と。僕もタイミングが分からなくなってしまったので、もういいかなと思っています」。

子供がおらず、夜もない。それでも「世間一般の夫婦より仲が良い」と言い切れるほど円満でいられるものなのだろうか? 聞けば、Tさん夫婦にも倦怠期はあったようだ。では、それをいかに打ち破ったのか?

次ページ倦怠期を打ち破ったきっかけ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT