葉山・逗子、これが地元民が愛する美食の店だ

ガイドブックには載っていない隠れた名店

葉山・逗子エリアには古き良き人の営みを代々受け継ぐおいしい食文化があるようだ

地元の人だけが知る、隠れた名店ってあると思う。過剰にチラシを配ったり、ネットに広告を出したりはしない。おいしいから人が集まる、そんな場所。

葉山・逗子エリアにも、実はそんな飲食店が数多くある。軽くクルマを転がすだけで、個人経営のカフェ、定食屋などが目に入る。ここには湘南の海があり、古き良き人の営みを代々受け継ぐおいしい食文化があるようだ。

地魚をリーズナブルに提供する、海沿いの定食屋

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

最初に訪ねたのは、葉山港の海沿いにある定食屋「あぶずり食堂」。採れたての地魚を使った料理が人気らしい。

葉山港といえば日本のヨット発祥の地としても知られている。平日の昼間にも関わらず、この日も多くの人がクルージングを楽しんでいた。

店内に入ると、「いらっしゃいませ!」と快活な声。気立てのいいお母さんといった感じの店員が多い。奥の席では、毎週同じ曜日に来るという5人家族が、和気あいあいと定食を頬張っている。

まずはサザエのつぼ焼きを注文。値段は380円と安く、都内の居酒屋なら倍は取られそう。

楊枝を身に刺すと、つるりと丸ごと飛び出してきた。歯応えはプリプリで、ワタの苦味も少ない。汁までしっかり飲み干せる。

次ページおすすめメニューは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。