サーフィンデビューはたった5400円で可能だ

文化系の男性こそ、まずは始めてほしい

「できない理由」を挙げればきりがないけれど…
週末ふらっと海に出かけて、いい波のあるビーチで、初心者にサーフィンをきちんと教えてくれる。しかも手ぶらで5400円。誰でも気軽に、あこがれのサーフィンを自分のモノにする簡単な方法があるのだ。

37.5歳文化系こそ始めたいサーフィン

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

男子は、生まれてすぐ「動く乗り物」を好きになる。クルマ、電車、飛行機だ。

やがて成長し「男」になったら、動く乗り物を操る喜びを知る。免許を取ってバイクやクルマを走らせる。さらには、スキーやスノボ、そしてサーフィン。

動く乗り物への欲望は、思い通りに動かす快楽だけでなく、自分の体だけではとても到達できない世界を見せてくれることにあるのではないだろうか。

と、語っている時点で文化系である。

そんな文化系オッサンが、最も到達しにくい世界、それがサーフィン。

場所が限られる。ギアとか高そう。ルールやマナーが分からない。そもそも海ってキャラじゃない。と「できない理由」を挙げればきりがない。しかし唯一、そして最大の「できる理由」がここにある。

たった5400円(税込)で手ぶらでサーフィンデビューができる。

37.5歳を越えて、社会に家庭に人生を置きに行く人と、ちょっとだけ冒険したくてウスウズし始める人の2種類いるとすれば、後者の人にとって5400円はあまりに格安ではなかろうか。

というわけで、文化系オッサン、夢のサーフィンデビュー。

はじめてのサーフィンこそ、いい波を選びたい。

次ページ週末ドライブにも最適なロケーション
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT