アマゾンやめ「実店舗」で成功した49歳男の人生

「元通販のプロ」が実店舗にこだわった理由

「世界でまだ誰もやっていないことをやろうと思った」と言う角田さん(写真:OCEANS)

「独立するなら自分にしかできないこと、世界でまだ誰もやっていないことをやろうと思った。そこでふっと落ちてきたのが“カセットテープ”でした」

音楽の受け取り方がストリーミング主流になる中で、アナログもアナログなカセットテープ販売。それも実店舗で。となると“どう考えても成り立たないビジネス”と語るのも不思議ではないが……。そこに勝算はあったのだろうか。

そう尋ねると「起業して絶対にビジネスが成功するという確信を持っている人は、おそらく誰一人いないでしょう」と微笑んだ。

「起業した6割が1年以内に、8割は3年以内に倒産するというデータがあります。うまいことやれそうな事業計画を作ることはできても、実際は行動するまでわからない。ただ話題になるだろうという自信はありました。

自分が好きだからこそ、カセットに夢中になる人が世界中にいることは知っていたし、日本のカセットテープカルチャーが世界に遅れをとっていることも理解していたんです」

事業計画を考え始めたら、はやる気持ちがとまらなくなった。決意してからは早かったという。周囲の人にも別段、相談はしなかった。

「僕の人生ですし、世界で誰もやってないことをやろうとしているわけだから……。角田はどうしちゃったんだ!? って心配はされましたけどね(笑)。妻さえ理解してくれればいいかなと思いました」

退職後5カ月で店をオープン

2015年3月、アマゾンを退職。44歳だった。ひと月後には法人化し、もともと工場だったという貸し倉庫を店舗にすることを決めた。中目黒を選んだ理由はとてもシンプルなものだ。

「生まれも育ちもこの辺なんです。いい物件にめぐり会えたことも大きかったですね。倉庫として貸し出されていた場所だったので、賃料が安く抑えられた」

オープンに際していちばん大変だったことは?と聞くと、苦笑する。

「とにかく値付けです。一つひとつ商品をパッキングして値段をつけて……これを店内すべてのカセットテープにやるんですから。妻と何日かかるの!って嘆きました。徹夜も1日じゃ足らなかった」

そんな苦労も、今となっては笑い話だ。こうして2015年8月、お盆のど真ん中に、角田さんのお店は静かにオープンした。ホームページもSNSでの宣伝もない。なにも営業活動をしない中でのひっそりとした開店だった。

次ページオープンして1カ月もしない頃…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT