「上司にキレられた」とSNSに書く20代の心理

40代が20代と付き合うときの心得

「40代が20代と付き合うときの心得」とは?
30代~40代のビジネスパーソンは「個を活かしつつ、組織を強くする」というマネジメント課題に直面している。ときに先輩から梯子を外され、ときに同僚から出し抜かれ、ときに経営陣の方針に戸惑わされる。しかし、最も自分の力不足を感じるのは、「後輩の育成」ではないでしょうか。
20代の会社の若造に「もう辞めます」「やる気がでません」「僕らの世代とは違うんで」と言われてしまったときに、あなたならどうしますか。ものわかりのいい上司になりたいのに、なれない。そんなジレンマを解消するために、人材と組織のプロフェッショナルである曽和利光氏から「40代が20代と付き合うときの心得」を教えてもらいます。

20代を理解できないオッサンは、経営できない時代

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

はじめまして、人事コンサルティング会社人材研究所代表、曽和利光と申します。昔、心理学者ユングが言った「人生の正午」40歳をとうに超えた立派な中年=オッサンですが、企業の新卒採用や若いベンチャーの人事をたくさんサポートしていることもあり、今の20代の職場での生々しい言行やそれに翻弄される我々世代の狼狽を目にする日々を過ごしています。

オッサン曰く「今の20代はわからない」と。しかし、人類はこんな短期間で生物的に進化しているわけもなく、表現の仕方はともあれ、どんなことに何を感じるか、喜怒哀楽の基本的なところは変わらないと思っています。また、世は少子高齢化。20代は、1歳毎の人口で我々団塊Jr.世代の約半分しかいません。若者は希少人材です。彼らを理解できずしては、経営もマネジメントもマーケティングも何もかも厳しい。そこで微力ながら、若者理解のためのヒントとなる話を、私の経験を通じて少しでも提供できればと思います。

次ページそもそも日本人はネガティブフィードバックが嫌い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。