夫の出張に「嫉妬する妻たち」のコンプレックス

「あなたは休めていいよね」に隠れたホンネ

仕事とはわかっていつつも、「出張は楽なもの」と思ってしまいがちです(イラスト:MIYU)
夫たちが妻から言われた「キツいひと言」の裏側を現役ママでもある筆者がひもとく本連載。今回は、毎日懸命に働く男性陣の中にはイラっときてしまう人もいそうな、衝撃のひと言をご紹介します。

「あなたは休めていいよね」

「宿泊出張の準備をしていたら『あなたは休めていいよね』と言われた」(45歳)

これを言われたら「出張は遊びじゃないんだよ、何言ってんだ!」と怒り出す男性もいそうですね。でも、これを言った妻の気持ち、私はわかります。そして、妻たちは口には出さないけど、みんなそう思っていると思います。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

それに、私自身の個人的な経験を言えば、普段の生活よりも出張先のほうがちょっと楽。むしろ私の中では、大っぴらには言わないですが、出張はちょっとだけ楽しみだったりもします(行き先やスケジュール、日数、頻度にもよりますが)。

このことを、私の周りのワーママたちに話すと、みんな揃って「わかるわかる」という反応でした。むしろ「出張楽しいよね。夫や母に子供を頼んで行く手前、大きい声では言えないけど」というのが共通した見解。出張に行くということは、ある程度責任ある仕事をしているということであり、仕事自体は決して楽なものではないはず。なのにそう思うのは何故なのでしょうか。

私がママになってから初めて泊まりの出張に行ったのは、娘が4歳くらいのときだったと思います。行き先は鹿児島。朝イチからの打ち合わせだったので、前日にどうしても泊まらなければならず、1泊することにしました。

次ページ妻たちが「出張」に抱くイメージとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。