「まずは現場」大企業ほど見逃す「経営の本質」

「現場」が元気になれば、「企業」は必ず強くなる

野中:私自身は中小企業についてあまり研究してこなかったのですが、ここ20年近く続けている雑誌の連載の取材ではよく訪れています。

遠藤:どこか面白い企業はありましたか?

4000枚も焼いて「世界一のトースト」が誕生した

野中:最近、東証マザーズに上場した家電ベンチャーの「バルミューダ」は面白かった。もう4年ほど前ですが、「大ヒットした2万円を超える高価なトースターがいかに生まれたか」というプロセスを取材したんです。

その開発のきっかけが面白くて、あるとき、オフィス近くにある公園で、全社員が集まり、バーベキュー大会をしていたそうなんです。トースターの製品化は決まっていたそうですが、中身もコンセプトも、まったく未定でした

遠藤:まったく何も決まっていなかったのですか?

野中:そうなんです。その日はあいにく土砂降りだったのですが、ある社員が食パンを持ってきた。それを炭火で焼くと、表面はカリッと焼け、なかは水分が十分に残るトーストがたまたま出来上がり、その味がとてもおいしかったそうなんです。

プロジェクトリーダーでもある社長は「この味を再現しよう」と決め、コンセプトも決めた「世界一のトースト」です。

遠藤功(えんどう いさお)/シナ・コーポレーション代表取締役。早稲田大学商学部卒業、アメリカ・ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。三菱電機、複数の外資系戦略コンサルティング会社を経て現職。2005~2016年早稲田大学ビジネススクール教授。2020年6月末にローランド・ベルガー日本法人会長を退任。7月より「無所属」の独立コンサルタントとして活動。良品計画やSOMPOホールディングスの社外取締役を務める。主な著作に『現場力を鍛える』『見える化』などがある(撮影:梅谷秀司)

遠藤:「トースター」ではなく「トースト」だと。

野中:そうなんです。「世界一のトースト」をみんなに食べてもらおうと、「体験」を重視したんです。

それから試行錯誤を繰り返し、トーストを4000枚も焼いて、いちばんおいしい焼き方のアルゴリズムを突き止めた。やはり水分がカギを握っていた。そこで、焼く前に小さなカップで水分を足すようにした、どこにもないトースターを開発して売り出したら大ヒットです。

遠藤:大企業だったら、そんな開発のやり方はとらないでしょう。

野中:そうでしょう。「トースターなんて枯れた市場」だと勝手に決めつけ、そこでイノベーションを興そうなんて思いもしないだから負けるんですよ。

次ページ「大企業は中小企業よりも上」は間違い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT