アルバイトを選ぶ時も就活を意識--大学1、2年生に焦り

アルバイトを選ぶ時も就活を意識--大学1、2年生に焦り

就職難の時代。就活に役立つかどうかが、学生のアルバイト選びのポイントとなっている。インテリジェンスが運営する求人情報サービス「an」が、大学生800人を対象にアルバイトと就職活動に関する意識調査を行った。

アルバイトは就活対策

大学生に実体験として、または先輩を見て就職難だと感じたことはあるか聞いたところ、75.0%が「感じる」と回答した。学年別では、2年生(77.0%)が最多、次いで1年生(76.5%)となり、就職活動に苦戦する先輩を見て1・2年生のうちから既に就職活動に厳しさを感じている学生が多いことが分かる。

また、就職活動を意識してアルバイトを選んだことがあるか(もしくは選ぼうと思うか)聞いたところ、20.5%が「選んだことがある(もしくは選ぼうと思う)」と回答。大学生の5人に1人が、アルバイトを有力な就職活動対策と考えている。

アルバイトとは社会を事前体験する場

就職活動を意識してアルバイトを選ぶ際に重視するポイントを聞いたところ、「言葉づかいやビジネスマナーなどを学べること」が70.1%で最多、次いで「社会人と接することができること」(62.5%)、「人とは違う体験ができること」(45.8%)となった。

回答理由を聞くと、「社会に出てすぐに通用する人材になりたいため」(72.2%)が2位を大きく引き離して最多、次いで「履歴書・面接でアピールしたいため」(50.0%)、「何かやっておかないと不安なため」(38.2%)と続いた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。