アルバイトを選ぶ時も就活を意識--大学1、2年生に焦り

アルバイトを選ぶ時も就活を意識--大学1、2年生に焦り

就職難の時代。就活に役立つかどうかが、学生のアルバイト選びのポイントとなっている。インテリジェンスが運営する求人情報サービス「an」が、大学生800人を対象にアルバイトと就職活動に関する意識調査を行った。

アルバイトは就活対策

大学生に実体験として、または先輩を見て就職難だと感じたことはあるか聞いたところ、75.0%が「感じる」と回答した。学年別では、2年生(77.0%)が最多、次いで1年生(76.5%)となり、就職活動に苦戦する先輩を見て1・2年生のうちから既に就職活動に厳しさを感じている学生が多いことが分かる。

また、就職活動を意識してアルバイトを選んだことがあるか(もしくは選ぼうと思うか)聞いたところ、20.5%が「選んだことがある(もしくは選ぼうと思う)」と回答。大学生の5人に1人が、アルバイトを有力な就職活動対策と考えている。

アルバイトとは社会を事前体験する場

就職活動を意識してアルバイトを選ぶ際に重視するポイントを聞いたところ、「言葉づかいやビジネスマナーなどを学べること」が70.1%で最多、次いで「社会人と接することができること」(62.5%)、「人とは違う体験ができること」(45.8%)となった。

回答理由を聞くと、「社会に出てすぐに通用する人材になりたいため」(72.2%)が2位を大きく引き離して最多、次いで「履歴書・面接でアピールしたいため」(50.0%)、「何かやっておかないと不安なため」(38.2%)と続いた。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT