人手が全然足りない!「介護業界」の新たな知恵

短時間でも働けるマッチングサービスの実態

鈴木社長が中長期的な狙いとしているスキマワーカーから介護施設の社員やパートになる人は、「報告を求めていないので正確な人数はわからないが、私が聞いて知っている範囲だけでも年間40人くらいいる。実際はもっと多いと思う」。

年間40人以上は結構な人数であり、その要因は、スキマワーカーの中には転職を希望している人が多いということに加え、「介護施設は、気に入った人がいれば、当社を介さずに自由に引き抜いてもいいことにしている。採用手数料ももらっていない。人材紹介会社などの採用手数料が非常に高いという問題を解決することを当社の1つのミッションにしているからだ」と鈴木社長は説明する。

同社では今後、5年以内に、首都圏、大阪を中心に3000事業所にスケッターを導入することを目標としている。

有資格者と介護施設をマッチング

バーチャル施設見学サービスなどを提供するカイテク(東京都港区)は、介護ワーキングシェアサービス「カイスケ」を2019年12月から開始した。

スキマ時間を活用して働きたいという人たちと人手を必要としている介護施設とを直接つなぐマッチングサービスということでは、前出のプラスロボの「スケッタ―」と同じだが、スキマワーカーを介護有資格者に限定しているところが大きな違いだ。つまり「カイスケ」は、介護の即戦力となる有資格者と介護施設とのマッチングサービスである。

有資格者に限定した狙いや背景について、武藤高史社長は次のように話す。

「介護施設が求めているのは介護の即戦力である。一方で、介護の有資格者の中には即戦力になる可能性がある人が埋もれている。有資格者も2つに分類でき、1つは介護職として働いていない人が100万人いる。この潜在層をうまく掘り起こせば即戦力になる可能性がある。

もう1つは、現在介護職として働いている人で、こちらは160万人いる。実は、これらの人たちにも、お金がすぐ欲しい、固定して働きたくない、仕事のやりがいを感じないなどのニーズやペイン(痛み)を持っている人も少なくない。これらのニーズに応え、ペインを解消するものとしてカイスケをスタートした」

次ページ特徴は??
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT