人手が全然足りない!「介護業界」の新たな知恵

短時間でも働けるマッチングサービスの実態

介護施設側から見た「カイスケ」の主な特徴として、武藤社長は「すぐに」「安くて」「いい人材」が来てくれる、という3つを挙げる。

「すぐに」というのは、スキマワーカーを人手不足時に単発で呼べるということと、最短で当日に呼ぶことができるということだ。介護施設でのスキマワーカーの実際の活用の仕方は、次のようになっているという。

① 翌月のシフト表を作成するときに、施設スタッフが足りない日に呼ぶ:60%
② 施設スタッフが1~2週間先に休暇を取るための穴埋めなどとして呼ぶ:30%
③ 人手の手当てがつかず当日〜3日以内に呼ぶ:10%

「安くて」というのは、スキマワーカーに支払う時給は、介護施設側で設定できるが、カイテクに支払う手数料を含めて1560円から利用できる点だ。派遣会社の介護福祉士の資格を持っているスタッフだと2千円前後なので、それに比べるとかなり安いという。

また「いい人材」というのは、1つはカイスケに登録しているスキマワーカーは有資格者で、かつ介護福祉士が7割を占めていること(3割は、初任者研修、実務者研修の保有者)。「派遣会社のスタッフは、介護資格がない人や未経験者が多く、それに比べるといい人材といえる」(武藤社長)。

マッチング率は9割を超えている

またカイスケでは、スキマワーカーと施設側の相互評価制度を導入している。ワーカーも評価されるので変なことはできず、いい人材が長く続けられる制度にしているそうだ。

同社が、介護ワーキングシェアサービスを行っているエリアは、現在のところ首都圏を中心にしており、有資格者スキマワーカーの「カイスケ」の登録者数は、2020年11月末で2000人を超えた。「最初の頃は、仕事はなかったが登録者はどんどん増えてきた。やはりニーズは高いと感じている」(武藤社長)。

一方、介護施設の登録数は、2020年11月末で150事業所。この点について武藤社長は、「素直に言って、登録事業所も仕事の依頼数もまだまだ少ないが、介護事業所の人材不足対策となることが一番重要なことなので、マッチング率を最も重視している。 マッチング率は90%を超えている」と説明する。

次ページ大きな課題も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT