「イタズラする犬」のストレス耐性を育てる技術

「小さな経験」を積み重ねることが重要

この前頭連合野の我慢力ですが、鍛えることができます。前頭連合野の特徴は、筋肉と同じで、日頃から使っているとその力が強くなっていくところです。マテの練習は前頭連合野の働きを使っていると考えられます。

マテは練習すれば練習するほど上達します。ある場面でしっかりマテができるようになったら、別の場面でもマテの上達が早くなります。これは、どんな場面のマテにおいても使っている脳の部位が共通しているからです。

そして、前頭連合野が鍛えられることで、多少不安な状況に置かれたとしても、その状況に対して「少し先にはこの状況は終わるし、そもそも一時的にこの状況に置かれることは命に関わることでもなければ、怪我をすることでもないし、飼い主さんからもマテの合図が出ているから安全だな」という判断ができるようになります。

周囲の状況を判断できる能力は、衝動を抑えると同時に、ストレス反応を抑制します。この能力が育てば、多少の不安な状況に対しては過剰反応を示さなくて済むようになります。

ストレス耐性を育てるのに大切なこと

前頭連合野の我慢力を伸ばすには、小さな我慢経験を繰り返し与えることが重要です。いきなり大きな我慢を強いるような状況では、失敗しやすくなりますので、無意味どころか逆効果になります。反対に、小さなストレスでも避け続けていると、我慢力は育ちません。我慢力育成には、中庸が大切ということです。

理性の脳、我慢の脳を鍛えて、小さなストレスや多少の不安な状況があっても、その先に安心があることを教えることができれば、小さなストレスは、ストレスとして感じなくなります。

ストレスを避けるのではなく、多少のストレスであれば、少し先には安全があるということを教え、我慢力を伸ばしていくことが、犬が過剰なストレスを感じずに生活していくうえでとても大切なことです。

しかし、当然ながらなんでも我慢させたら良いのかというとそうでもありません。人にとって不都合だから、ずっとケージに閉じ込めたままでは動物虐待です。犬だって我慢ばかりの生涯では辛いはずです。

人の利益と犬の利益が衝突する場面において、人も犬も双方我慢をしなければ、共生は成立しません。そこには、人の生活を確保しながらも、犬に最大限フェアで倫理的なルールが必要です。

とはいえ、これを設定するのは非常に難しいです。というのも、動物にフェアなルールを追い求めることは限界があるからです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT