「愛犬家連続殺人」死刑囚息子が語る壮絶な人生

「自分もいつ殺されてもおかしくなかった」

実録ドラマ 3つの取調室 ~埼玉愛犬家連続殺人事件~」のワンシーン(写真:フジテレビ提供)

1993年に埼玉県で愛犬家ら4人が相次ぎ失踪、その2年後の1995年、ペットショップを経営する男女が逮捕された。「ボディーを透明にする」として被害者の遺体を解体・遺棄し、証拠を隠滅したというその残忍な手口から、日本中を震撼させた「埼玉愛犬家連続殺人事件」だ。

逮捕されたのは関根元(げん)元死刑囚と、その元妻・風間博子死刑囚。2人は、2009年に死刑判決が確定した。しかし、遺体なき殺人という特異性や、決定的な殺害の証拠不足、証言の食い違いなど、今なお謎が多い事件でもある。

逮捕から25年の節目を迎え、風間死刑囚の実の息子・和春氏(41歳・仮名)が、フジテレビ「実録ドラマ 3つの取調室」取材班のインタビューに応じた。事件以降、初めてテレビの取材に答えた息子は何を語ったのか――。

留学先のアメリカで知る母親の事件

和春氏は、風間死刑囚の前夫との間にできた子どもだ。前夫との離婚後、和春氏が5歳のころのこと。祖母の家から風間死刑囚と一緒に帰宅する途中、関根元死刑囚の車に乗った。それが関根元死刑囚との初めての出会いだった。

風間死刑囚の息子・和春氏(仮名)(写真:フジテレビ提供)
捜査員と犯人の攻防を「実録ドラマ 3つの取調室 ~埼玉愛犬家連続殺人事件~(10月4日(日)20時~22時09分(一部地域は20時06分~)」では描いていく

「親父が欲しいか?」。関根元死刑囚から声をかけられ、風間死刑囚は隣でニコニコしていたという。その後2人は結婚する。

それから10年ほどが経った1995年1月。当時15歳だった和春氏は、留学先のアメリカへ向かうため成田空港にいた。アメリカに飛び立とうとしたまさにその時、関根元死刑囚と風間死刑囚が逮捕されたのだった。

その後どうなったのか。和春氏はこう語る。

次ページ母親の逮捕を知らされて感じたこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT