「本能寺の変」前日、信長が決行した茶会の真相

「本能寺の変」の真犯人を巡るひとつの視点

上記の『言経卿記』には、「数刻御雑談、茶子・茶有之、大慶々々」とある。いくら不意の客衆とはいえ相手はれっきとした公卿衆であり、数刻も雑談して粘られたのだから、軽いお凌(しの)ぎとして松花堂弁当のような粗餐と酒が軽く振る舞われ、後にお茶が出されたのであろう。だが決して「茶会」ではなかったはずである。

信長が招きたかった本当の客人

ではなぜ38点もの「大名物茶器」を大雨の中、わざわざ安土城から運んできたのか。その理由は実に明白である。博多の豪商茶人・島井宗室とその義弟の神谷宗湛に披露する茶会を催すためである。つまり、本能寺の変の前日の茶会の相手は、公家たちではなく、鳥井宗室・神谷宗湛だったのである。

2人は博多の豪商茶人であり、しかも島井宗室は、大名物茶入「楢柴肩衝(ならしばかたつき)」の所有者として、つとに著名な茶人だった。

信長はすでに「初花(はつはな)肩衝」と「新田(にった)肩衝」という大名物茶入を所持していたのだが、この「楢柴肩衝」を入手すると天下の三大・大名物茶入がそろうことになり、まさに信長の垂涎(すいぜん)の的の茶入だった。

そもそも茶入が茶道具の中でも最高位の物とされ、大方は「肩衝」、「茄子(なす)」、「文琳(ぶんりん)」、「その他」に大別できるが、なかんずく「肩衝」がその第一である。「初花肩衝」、「新田肩衝」、そしてこの「楢柴肩衝」という銘のある三器をこの時点でそろって所持した者はおらず、この「楢柴肩衝」さえ入手すれば、信長こそ天下に隠れなき最初の大茶人に成りえたのだ。

島井宗室が5月中旬から京都に滞在しており、6月初旬には博多に向けて京を立つ旨の情報を信長に伝えたのは、千宗易(利休)だと思われる。

信長にしてみれば、玩具屋の前で物をせがむ小児さながら、宗室在京のこの機を逸したら当分の間「楢柴肩衝」入手の機会が遠のく、という焦りがあり、何としてでも宗室に会いたい。

次ページ信長から会いに行くしかなかった
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 精神医療を問う
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT