晩婚化も「女性の結婚ピークは26歳」という現実

国が公表するすべての婚姻届データから分析

なぜ結婚年齢に対するイメージと実態が乖離しているのでしょうか(写真: YUJI/ PIXTA)

メディアなどで発表される「平均初婚年齢」を見て、自らのライフデザイン、もしくは社会全体の結婚年齢を誤って想像してしまう男女が後を絶ちません。筆者が主に分析している国の人口動態データの中から、『独身男性が驚く「27歳が結婚ピーク」という現実』に続いて、今回は初婚女性の婚姻届を全件分析した結果の一部をご紹介したいと思います。

平均初婚年齢が生み出す「晩婚幻想」

一口に結婚といっても、再婚と初婚があります。2018年でみると、成婚女性のうち、初婚女性は38万2823人、再婚女性は7万3325人で、初婚女性が84%(約6人に5人)を占めます。

この38万人の初婚女性の平均初婚年齢は(夫が初婚・再婚のすべてを合わせて)29.4歳となっています。女性の平均初婚年齢は2011年に29.0歳に達し、その後も上昇を続け、2014年から29.4歳で固定的に推移しています。

さて、この平均初婚年齢の数字を目にした男女の非常に多くが「今の女性は30歳ぎりぎりの駆け込み結婚をするんだな、晩婚化したもんだなあ」「最近は女性でも結婚するのは普通29歳を過ぎるんだから。25歳なんてまだまだ早い」といった会話を平気でしているのを筆者は耳にします。

上記のような会話で思い描いている29歳という年齢は「結婚する人が一番多い年齢」というイメージではないでしょうか。そうであるとすれば、イメージは実態からは大きくずれているのです。

2018年の全婚姻届の集計値をみると、初婚女性38万人の結婚相手は初婚男性が88.8%、再婚男性が11.2%となっています。つまり初婚女性のお相手は約9割が初婚男性です。そこで、初婚女性と初婚男性との結婚について、女性の結婚年齢別に件数を可視化したのが次のグラフです。

次ページピーク後は急激に減少
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT