話し方「永遠に下手な人」と上達する人、3つの差

「伝説の家庭教師」が1000人以上を指導した実感

話し方が「永遠に下手な人」と上達する人の3つの差とは?(写真: Elnur/PIXTA)
日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。
たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。
その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は、発売たちまち6万部を突破するベストセラーになっている。コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「話がうまくならない人と上達する人、3つの差」について解説する。

「話す力」は「才能」ではない

みなさんは「話し方」に自信がありますか?

『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

多くの日本人がコミュニケーションの悩みを抱えていますが、誰も「きちんとしたルール」も知らず、「教えてくれる人」も「教わる場」もなく、自己流で話し、「伝わらない」「伝えられない」「才能がない」と諦めてしまっています。

これは本当にもったいない話です。なぜなら、「話す力」は「才能」ではないからです。

私はこれまで1000人以上の社長、役員、企業幹部の「家庭教師」として、「話し方」を指導してきました。スピーチやプレゼンから、雑談まで、「コミュニケーション」のあらゆる相談に乗り、具体的にアドバイスしてきました。

立場上、「あの大企業のあの有名な人」と具体名を公開することはできないのですが、例えば、「大手電機メーカーの経営陣」「大手通信会社の社長」「大手自動車メーカー社長・役員」「大手ゲーム会社社長」「メガバンクの役員」「大手IT企業の全役員」「世界的外資系製薬企業の外国人社長」など、誰もがその名を知る日本有数の企業リーダーたち、そして「知事」「閣僚」「政治家」「官僚」「病院や大学の理事長」「スポーツ選手」など……。

「家庭教師」として関わった多くの社長・役員・企業幹部の方からいただくのは、「こんなことを教わる機会は、いままでなかった」「もっと若いときに知りたかった」といったコメントです。

次ページ海外と日本には「大きな違い」があった!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT