話し方「永遠に下手な人」と上達する人、3つの差

「伝説の家庭教師」が1000人以上を指導した実感

リーダーレベルでさえ、漫然と「我流」を通すしかないのが日本の現状で、世界水準の「話し方のノウハウ」はまったく普及していません

しかし、日本人は「コミュニケーションができない」のではなく、「そのルールを知らず、スキルを磨く機会が極端に少ない」のです。

私も「人見知り」で「プレゼンは大の苦手」だった

私は、いまのような「家庭教師」をする以前、もともとは新聞記者として、ソフトバンクの孫正義社長、日本電産の永守重信社長など、数々のリーダーに取材し、その話し方・伝え方を間近に観察・研究してきました。

家庭の事情で退職・渡米し、MIT(マサチューセッツ工科大学)でコミュニケーションの研究に従事し、帰国後は、「PRコンサルタント」として、リーダー向けのメディアトレーニングなどに関わるようになりました。
しかし、私自身、コミュニケーションの知識はあっても、じつは「人見知りでコンプレックスが強く、大勢の前でのプレゼンは大の苦手」だったのです。

そこで、「人前でもっと堂々と話せるようになりたい。コンプレックスを克服したい」と一念発起し、コミュ力修業のために、再び渡米しました。
ニューヨークで、プレゼンコーチや研究者などコミュニケーションのトッププロフェッショナルたちに「弟子入り」し、グローバルスタンダードの話し方を徹底的に学びました

その中で、衝撃を受けたのは、「コミュニケーションを学ぶ場の豊富さ」です。

子どものころから、プレゼン術などの手厚い教育を受けるアメリカ人ですが、学校以外の街中にも無数のワークショップやクラスがあり、まるでジムに行くように仕事帰りに気軽に寄って、「話し方」をモリモリと鍛えていたのです。

そうした場も、機会もほとんどない日本のみなさんに「学んだ世界水準の話し方スキルをお伝えしたい」と帰国後、「家庭教師」を始めたというわけです。

次ページ「話し方」上達の違いは「3つの差」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT