「ストレスを放置する人」が招く最低最悪の結末

いくら体が丈夫でも「異常行動」に走るケースも

「ストレスがないほうが健康」といえば簡単ですが、私たちが生きている以上、ストレスがゼロになるということはあり得ません。実はストレスには、いいストレスと悪いストレスがあります。

試験や仕事のプレッシャーといった適度な刺激のストレスは、それを乗り越えることで自分が成長できたり人生を豊かにしてくれたりします。一方で、ハードワークや人間関係のトラブルといった不快なストレスが多くなってくると、心にも体にもダメージが出てきます。

ストレスがかかったとき、それがメンタル面に出る人と、体に出る人がいます。これは昔からよくいわれていることですが、みなさんのまわりにもどちらかのタイプがいませんか。

ストレスが体に与える影響

ストレスというと、どうしても心に影響が出る印象が強いかもしれませんが、メンタルが強い人、あるいは感じにくい人というのは確かにいます。そのような人は、得てして体に影響が出る場合が多いようです。

ストレス関連疾患は、急に出ることもありますが、自分でも気がつかないうちに少しずつあらわれることがありますので注意が必要です。例えば、会社に行くときに気持ち悪くなって吐いてしまう、電車のなかでめまいがして立っていられなくなるといったことが起こります。最初は我慢できる程度で無理して会社に向かいますが、徐々に症状がひどくなってきます。調べても体の異常はなく、最終的にはメンタルの問題だったとわかるのです。

また、ストレスや怒りを感じにくい人もいます。怒りが循環器疾患につながることは繰り返しお話ししました。怒ると血管がキュッと締まります。一方で、怒りの感情が外には出ていなくても、血管が締まってくることがあります。これは生体反応の1つです。

血管が締まってくると頭痛が起こったり、肩こりが起こったりして、怒りの感情は自覚していないのに、体の症状として強く出ることがあります。怒っているつもりはないのに、それなりに体には影響が出てしまうのです。

次ページ怒りの感情がないと「うつ」になる場合も
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT