「記者にはデータを読み解く能力が必要だ」

WSJ編集局長が語るデジタル時代の戦い方(下)

デジタルメディアの特性を的確にとらえ、デジタル版の有料購読者数を増やし続けている、ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)。読者の求めている記事がいかなるものなのか、自社の記者・編集者に対する教育にも余念がない。
デジタル時代に必要とされる、記者のスキルとは何か。そして、さらなる購読者の開拓に向けて、どのようなビジョンを描いているのか。WSJとダウ・ジョーンズ経済通信の編集局長を務めるジェラルド・ベーカー氏に聞いた。(全2回)
※ 第1回 「すべての価値ある記事は有料であるべき」こちら

ビジュアル性の高い記事が必須

――デジタル時代では、記者の働き方や役割も、紙時代とはずいぶん変わってきていますよね。

紙時代の記者の仕事は非常のシンプルだった。外に出て取材をして、夕方の決まった時間に原稿を入稿する。その後、新たな情報が得られれば、その分を足して翌日また記事をアップデートする、といった具合だ。しかし、今や記者はほぼ1日中働いているといっていい。

マルチメディアへの対応も求められている。WSJでは、すべての記者に取材と同時にスマホでビデオを撮影するだけでなく、自分の書いた記事について自ら話すことができるように求めている。記事のビジュアル性を高めることも非常に重要だ。

紙とデジタルによるメディア体験の最大の違いは、後者は本質的にビジュアルが主体になっている、ということだ。したがって、すべての記者はデジタル版を意識して、映像や音声、インタラクティブな図表や画像を駆使して、ビジュアル的に説得力があるコンテンツを作るよう求められている。

ネタをできるだけ早くつかんで、正確に伝える、というジャーナリストに求められる資質は変わっていないが、その記事やストーリーの伝え方はかつてに比べて大きく変わっている。

――記者や編集者はどうやってそのような技術を取得するのですか。

WSJでは数年前から「デジタル・ジャーナリズム(DJ)」と呼ぶ研修を始めている。記者や編集者はWSJの3大拠点(ニューヨーク、ロンドン、香港)の1つで1週間かけて、スマホによるビデオ撮影・編集法から、検索エンジンと相性のよい見出しの付け方、ツイッターなどソーシャルメディアの活用方法を学ぶ。また、シンプルな図表や画像の作り方と、それを記事の中でどう生かすかについても教えられる。この分野については、かなりの投資をしている。

次ページこれが最先端のジャーナリズムだ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT