「すべての価値ある記事は有料であるべき」

WSJ編集局長が語るデジタル時代の戦い方(上)

デジタルメディアが台頭する中、米国では既存メディアの苦戦が伝えられて久しい。その中にあって、経済報道のウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)は、デジタル版の有料購読者数を増やし続けている。
無料コンテンツが主流になっているデジタル時代に、伝統紙はどう戦っていくのか。WSJとダウ・ジョーンズ経済通信の編集局長を務めるジェラルド・ベーカー氏に聞いた。(全2回)
※ 第2回 「記者にはデータを読み解く能力が必要だ」こちら

紙とデジタルの読者はまるで違う

――米国では2000年代に他社に先駆けて、WSJのデジタル版の有料定期購読サービスを始めました。そこから15年くらいの間にWSJのデジタル事業はどのように変革してきましたか。

WSJが有料で記事のネット配信を始めたころ、私はまだ勤めていなかったが、WSJのコンテンツは非常に価値が高く、記事を制作するにも費用がかかっているのだから、紙と同様にデジタル版も有料にすべきだ、というのが当時の経営陣の考えだった。無料で提供するのは理にかなわないと。幸いなことに、これまでのところ、このモデルはうまくいっている。

この15年の間にビジネスは大きく変革してきた。まず、デジタル版の購読者は今や約90万人と大幅に増えた。デスクトップだけでなく、タブレット端末やスマートフォンなどコンテンツを読むプラットフォームも増えている。

デジタル事業を続ける中で、紙の新聞とデジタル版の基本的な違いについても知見が増えてきた。デジタル版を始めたころは、紙の新聞を体裁もほぼそのままで、オンラインに掲載していた。が、特にここ5年の間に、デジタル版と紙の読者では、ニュースへの接し方がまるで違うことがわかってきた。

デジタル版の読者の場合、ソーシャルメディアやビデオ、インタラクティブな図表や写真、直接的なコミュニケーションを活用するなど、ニュースの読み方、かかわり方が非常に多様だ。これは私たちにとって、大きなチャンレジであり、チャンスでもある。ジャーナリズムの質を維持しながら、それをデジタル読者にどのように伝えていくか。私たちはいろいろなトライアルを続けており、その挑戦が終わることはないだろう。

次ページメールからのアクセスが増加
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT