「学術書」を読めようになると読書が変わる理由

「難しい本」と敬遠していてはもったいない

わかりやすさを追求するあまり起きがちなのが、込み入った議論をすべて外してしまうという事態です。編集者が「ここ、わかりにくいから外してください」と言うと、それでまた著者が外したりする。それはやめようよという話です。

スラスラ読める流動食のような本は、その分学問的精密さや深さに欠けるきらいがある。突っかかりのないわかりやすさ優先で、エビデンスとか対立意見とか別の見方があることを紹介せず、これがすべてです、みたいな本であってはならない。「ややこしいけど、こんな議論もあってね」と紹介することで、理解はさらに深まります。

心情的なわかりやすさを求めることにも落とし穴があります。人は自分が理解できる、同感だ、信じたいというものに引っ張られる。すると、本当にそれが裏打ちされた議論なのか、ある種の懐疑主義みたいなものが湧きにくくなる。

難しすぎたら一旦「塩漬け」にする読み方も

──とにかく投げ出すな、と。

鈴木 哲也(すずきてつや)/1957年生まれ。京都大学文学部、教育学部卒。京都の編集プロダクションで学術書のリライト、編集に携わった後、1994年に京都大学学術出版会に転職、2006年より現職。著書に『学術書を書く』(共著)など。撮影:ヒラオカスタジオ)

自分がわからないのは、この部分の理解が欠けているからなんだなと気づいたら、そこを勉強したくなりませんか? わかりにくいものを読むのは苦痛なんだけど、ある種の喜びというか、世界を広げていくチャンスになる。僕は本を読んだら、面白かったとか納得できなかったとか、スタッフに感想を話すんですが、人に話すにはしっかり理解できていないと駄目だから、どこがどうわからなかったかを調べなきゃいけない。そんなふうに、人に話すことをモチベーションにするのも手ですよ。

あと、これは尊敬する数理生物学者の話ですが、いったん塩漬けにする方法もあります。自分に足りないものが整って、理解できるようになるのを待つ。ほかの読書や体験など別の要因と混ざって、面白く感じるようになるのを待つ。

──粘り強く食い下がって乗り越えた先に、得られるものとは?

一度学術的な読み方に慣れておくと、小説でも何でも批判的な見方ができて、広く見渡せるようになります。引いた形というか、突き放した形で楽しめる。

次ページ知りたい分野の「過去」を知ることが大事
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT