やや貧乏な中年夫婦が「お役所ランチ」で得る幸福 え、東京タワーを見て、この値段でいいんですか?

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小
港区役所
東京タワーが借景。港区役所の絶景役所メシ(筆者撮影)
ロスジェネ世代で職歴ほぼなし。29歳で交通事故にあい、晩婚した夫はスキルス性胃がん(ステージ4)で闘病中。でも、私の人生はこんなにも楽しい。なぜなら、小さく暮らすコツを知っているから。
先が見えない時代でも、毎日を機嫌よく、好きなものにだけ囲まれたコンパクトライフを送る筆者の徒然日記。大好評の連載第15回です。

胃がん闘病中の夫が退職、役所メシで息を抜く

東京都港区、高層ビルの狭間にひっそりたたずむ古くて小さなマンションの1部屋、12畳1ルームに夫婦2人と猫と預かり犬で暮らしています。

夫は2022年からスキルス胃がんで闘病中です。1年近く休職ののち復職し、1週間の半分ほどテレワークで働かせてもらうという恵まれた労働環境を用意してもらえたものの、発熱やら入院やらで、その半分も働けなくなってきました。

本人が「もう無理かも」と言いだし、主治医に相談したところ「経済的に大丈夫なら、ゆっくりしたほうがいいかもね(決して辞めろとは言わないが、働くの難しいよねという雰囲気)」だったため、退職を決断。

「ようやくゆっくりできるぞ」と思っていたのですが、それは大間違いでした。公的な支援を受けるべく右往左往して、役所やら病院やらを行ったり来たりして書類を準備していて、以前よりドタバタしております。

そんな慌ただしい日々のお楽しみが区役所で食べるランチ、いわゆる役所メシです。当記事では港区役所職員食堂、東京港建設事務所食堂、気象庁食堂の、職員向け食堂で御相伴にあずかってきました。

【画像17枚】「港区の食堂は700円」「気象庁は400円」と超絶コスパ! ”やや貧乏”な中年夫婦がこっそり楽しむ「お役所ランチ」。メニューの様子を見る
次ページコスパ最高!東京タワーの見える食堂で絶景ランチ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事