「本を読んでも成長しない人」よくある5大共通NG 「背伸びばかりする…」あなたは大丈夫?

拡大
縮小
「背伸びした本」ばかり読んでいませんか?(写真:shige hattori/PIXTA)
テクノロジー、政治、経済、社会、ライフスタイルなど幅広い分野の情報を発信し、日本のインターネット論壇で注目を集める佐々木俊尚氏。
「ノマドワーキング」「キュレーション」などの言葉を広めたことでも知られ、2006年には国内の著名なブロガーを選出する「アルファブロガー・アワード」も受賞している。
その佐々木氏が、このたび、『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全』を上梓した。
「ネット記事」「SNS」「書籍」などから、「読むべき」記事をいかに収集し、情報を整理し、発信していくか、自身が日々実践している「新しい時代の読み方」の全ノウハウを初めて公開した1冊で、発売後たちまち4万部のベストセラーになっている。
そんな佐々木氏が、「『本を読んでも成長しない人』よくある5大共通NG」について解説する。

「本を読んだから『成長した』」とは限らない

「本」は、決して「暇つぶし」などではない。「学び」であるのと同時に「娯楽」でもあり、自分の人生に蓄積していくものである。

『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全: 脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

自分の「知肉」を育てるには、現時点での「多様な視点」からテーマをさまざまに照射することで、全体像のイメージを持つことだ。書籍は「物事についての全体像を知る」うえで最も良質なガイド役になってくれる可能性が高い。「本を読む」ことで自分の「知」を高め、成長していくのだ。

しかし、「勉強のため」「仕事のため」に読まなければならない本になると、急に読むのがつらくなり面倒になってしまったという経験は、みなさんもあるだろう。

無理やり読み進めようとがんばる人も多いだろうが、そんな読み方では、たとえ最後まで読みきったとしても結局は頭には何も残らない「知肉」にもならず、結果的に自分の成長につながらないことが多いものだ。

ここでは、「本を読んでも成長しない人」がやりがちな5つの失敗を紹介する。

次ページ「難しい本」ばかり読んでいないか?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT