「ネットに多い陰謀論」一瞬で見抜ける簡単3秘訣 「普通の記事」にも「デマ」がある!見分け方は?

印刷
A
A
氾濫するネットメディアの中から「良質な記事」だけを選ぶ「『陰謀論』の見抜き方」とは(写真:metamorworks/PIXTA)
テクノロジー、政治、経済、社会、ライフスタイルなど幅広い分野の情報を発信し、日本のインターネット論壇で注目を集める佐々木俊尚氏。
「ノマドワーキング」「キュレーション」などの言葉を広めたことでも知られ、2006年には国内の著名なブロガーを選出する「アルファブロガー・アワード」も受賞している。
その佐々木氏が、この度、『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全』を上梓した。
情報があふれる時代に、どう「ネット記事」「SNS」などを読めばいいか、スマホで「気が散る」時代に、どう「書籍」を読みこなすかなど、自身が日々実践している「新しい時代の読み方」の全ノウハウを初めて公開した1冊で、早くも大増刷するなど話題を呼んでいる。
佐々木氏が、氾濫するネットメディアの中から「良質な記事」だけを選ぶために実践する、「『陰謀論』の見抜き方」について解説する。

1000の記事から10を選ぶ大前提

「佐々木さんは、あの信じられないぐらい幅広い分野の情報を、どうやって集めているんですか?」いろいろな人に会うたび、本当によく尋ねられる。

『現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全: 脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

これは、私が日課としてほぼ10年続けている、毎朝8時にツイッターとフェイスブックで、さまざまなジャンルの記事を無料でシェアする恒例行事に対する質問だ。

そのために、毎日およそ1000本のネット記事の見出しに目を通し、その中から「読むべき」と思う記事を10本ほど見つけ出す作業を行っている。

それができるのは、決して私が異能の持ち主だからではない。フリーのジャーナリストになってから20年あまり、「インターネットをフルに駆使した『読み方』、そして『知識』や『視点』を身につけるためのノウハウを膨大に蓄積してきた」からである。

知名度や露出度で勝負してきたわけではなく、「読む力」をひたすら磨いてきたことで、ツイッターのフォロワーは78万人にもなった。

その「新しい読み方」のノウハウを人に教えると、驚かれ、「記事の読み方が革新的に変わりました」と感謝されることも、じつに多い。

「真の情報力」を得るには、玉石混交のウェブメディアから「玉の記事」つまり「読むべきもの」を選別する必要がある。そのときに気をつけたいのが、「偏見」「デマ」「陰謀論」といった「あやしい記事」だ。どのように見極めたらよいのだろうか。

次ページ「陰謀論」とそれを信じる人たち
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT