年収1500万エリートを振った彼女の真っ当な理由 お見合いの席でそれは「言ってはいけない」

✎ 1〜 ✎ 191 ✎ 192 ✎ 193 ✎ 194
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小
お見合いにもマナーがある。初対面の席でエリート男性に対して彼女が思ったこととは……写真と本文は直接関係ありません(写真:jumsica/PIXTA)
お見合いをしても、“交際希望”をもらえず、通過率が悪い。そんな人たちは、お見合いでの言動に問題がある。
仲人として婚活現場に関わる筆者が、婚活者に焦点を当てて、苦労や成功体験をリアルな声とともにお届けしていく連載。今回は、“自分では気づいていない、お見合いのときの失礼な言動”について述べる。

条件とリアルな本人のギャップ

お見合いは、それまでお互いのことを知らなかった男女が、サイトに登録されたプロフィールを見て、“この人なら、会ってみたい”と思い、申し込みをかけたり、申し込まれたお見合いを受諾したりする。

つまり、お見合いが成立した時点で、お互いに結婚相手の条件として“合格点”を出した人に会いに行くのだ。

条件では合格だったのに、お見合い後にお断りが来るのは、リアルな本人が不合格点だったからだ。

先日、かよこ(38歳、仮名)がお見合いしたのは、年収1500万円のエリート、さとる(42歳、仮名)だった。写真も好みのタイプだったので、かよこは、このお見合いにかなりの期待を抱いていた。

その日は、仕事を終えてからの夜のお見合いだった。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事