中国の「巨大EC祭り」日本企業が稼ぎまくるコツ

独身の日のアリババの取引額は7兆円規模に

今年は過去最高の取引額を記録した(写真:アフロ)

日本では「ポッキーの日」とも呼ばれる11月11日は、中国では「W11」と呼ばれる電子商取引(EC)の巨大セールの開催日である。EC最大手のアリババグループが始めたイベントだが、今年で12年目を数え、11月1日~11日のアリババの取引金額は4982億元(約7.7兆円)と過去最高を記録した。

W11では、中国国内EC取引だけでなく、海外企業との国境を超えたEC(越境EC)取引も拡大しており、日本企業の存在感も年々高まっている。アリババのプレスリリースによると、中国向けの越境ECの流通取引総額(GMV)において、日本は2016年以降毎年1位になっている。

オンラインとオフラインで消費者を囲い込む

筆者は2015年から越境ECの動向をフォローしており、「インバウンド→越境EC→一般貿易」、つまり、「インバウンドで中国人消費者に使ってもらい、好きになってもらう。→彼らが中国に帰った後でもネットでリピート購入してもらう+そのほかのユーザーにも購入してもらう→十分な市場調査と市場規模を確認した後に、一般貿易を通して商品を中国に輸出。オンラインとオフライン両方で販売する」、といった新しい中国進出のビジネスモデルを提唱している。

日本企業の好例の1つはカルビーだ。訪日中国人に人気になった菓子「じゃがポックル」をきっかけに本格的な中国市場の開拓を検討。食料品「フルグラ」の越境ECにおけるマーケティングを強化し、中国のフルーツシリアル市場の先駆者としての地位を確立した。現在は一般貿易を通し、オンラインとオフライン両方で中国全土に進出している。

W11は毎年取引額も増え、日本企業にとってビジネスチャンスも増えているイベントだ。しかし、重視しないといけないポイントもある。それらを踏まえ、今後の日本企業のECないしは中国市場進出のヒントを提示したい。

次ページ12年目のECイベントの担い手は「テレビショッピング」?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT