中国の「巨大EC祭り」日本企業が稼ぎまくるコツ

独身の日のアリババの取引額は7兆円規模に

テレビショッピングは、元気よく商品を説明する販売員に、魅力的な商品、限定された期間内のお得な価格で、視聴者の購買意欲をそそっている。今年のW11は、まさにテレビショッピングのネット版、つまり「ライブコマース」が主流になったことが1つ目の特徴だ。

KPMGの調査によると、中国のライブコマースは2019年より爆発的な成長をしており、2020年9月末時点のユーザー数は3億人を超え、すべてのECユーザー数の4割を占めている。

また、ライブコマースに詳しい「胖球データ」によると、今年のW11では、ライブコマースを配信するインフルエンサーのTOP50の売上高は合計317.98億元(約5032億円)だった。

カルビーのライブコマース(写真:カルビー提供)

売り上げトップの「薇婭viya」は1人で87.6億元(1386億円)を稼いだ。商品をヒットさせたいなら優秀なインフルエンサーがいないと稼げないという、他国にはまだない「ライブコマースの急成長期」に中国は突入している。

中国のライブコマースのユーザーに利用する理由を聞くと、①インフルエンサーはお金持ちの富裕層から庶民までさまざまなキャラクター設定があり、そのときの気分で見たいインフルエンサーを選んで彼らのトークを楽しみ、またインフルエンサーと(チャット機能などで)やり取りをすることが娯楽になっている②とくに日用品・化粧品だと、効果が画面越しからもわかりやすいので安心③カリスマインフルエンサーのことが好きで彼らが宣伝するとすぐ買いたくなる。買うプロセスも簡単にできるので注文しやすい、などだ。

ラグジュアリーブランドも価格戦争に参入

一般のテレビショッピングには、高級ブランドはあまり登場しない。それは、自社のブランドイメージを守るため、価格戦争に参入しない戦略を取っているためだ。しかし今年の中国のW11では、世界中の有名ブランドが参戦しているのが、2つ目の特徴である。

2020年は、ボルボ、エスティローダー、アップル、ユニクロ、ランコム、資生堂など、海外の高級ブランドがライブコマースの限定割引や期間限定セールに積極的に参加した。割引の方法は商品・ブランドによって異なるが、店頭の2~3割引きの価格で消費者の購入意欲を高めている。

次ページ高級化粧品も巨大ネットセールに参戦
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT