《プロに聞く!人事労務Q&A》労基法改正の適用が猶予される中小企業の範囲とは?

《プロに聞く!人事労務Q&A》労基法改正の適用が猶予される中小企業の範囲とは?

 

回答者:半沢社会保険労務士事務所 半沢公一

質問

 労働基準法の改正で、2010年4月から、月60時間を超える法定時間外労働に対して、会社は50%以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならないとのことですが、中小企業においては、当分の間、適用が猶予されると聞きました。適用が猶予される中小企業の範囲を教えてください。(派遣会社 社長)

回答

改正労働基準法(10年4月1日施行)においては、月60時間を超える法定時間外労働に対して、会社は50%以上の率で計算した割増賃金を支払わなければなりません。

しかしながら、経営体力が必ずしも強くない中小企業においては、時間外労働抑制のための業務処理体制の見直し、新規雇い入れ、省力化投資等の速やかな対応が困難であり、やむをえず時間外労働を行わせた場合の経済的負担も大きいことから、同法第138条において、同条に規定する中小事業主については、当分の間、法定割増賃金率の引き上げを猶予することとなります。

これに伴い、同法第37条第3項の規定による代償休暇(引き上げ分の割増賃金の代わりに有休の休暇を付与する制度)も適用されないことになります。

この中小企業の猶予措置は、「当分の間」となっており、改正法の施行後3年を経過した時に、検討・見直しが予定されています。

さて、中小企業に該当するか否かは、各業種別に、「資本金の額又は出資の総額」と「常時使用する労働者数」で判断されます。いずれかに該当すれば中小企業になります(次表)。

まず、業種ですが、業種分類は、日本標準産業分類(第12回改定〈08年4月1日施行〉)に従います。詳細は、総務省統計局のホームページに掲載されています。

同一企業の中で複数の事業を営んでいる場合は、主たる業種は何であるかを総合的に判断して決定します。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT