「最強のカニ決めるゲーム」の世にも奇妙な魅力

カニがリボルバーやショットガンをぶっ放す

「最強のカニ」を決めるゲームとは一体?(写真:マイニンテンドーストアより)
物心ついたときからゲームと付き合い続けてきた筆者が、その長いゲーム歴から最新作から過去の名作までを掘り起こして語り尽くす本連載。今回取り上げるのは、カニやヤドカリ、エビが「最強の甲殻類」を目指して戦うゲーム『カニノケンカ -Fight Crab-』(対応機種はNintendo Switch、STEAMなど)。小品ながらネット上ではコアなファンが多い同作を筆者はどう評したのか?

今回取り上げるのは今年7月に発売した『カニノケンカ -Fight Crab-』だ。なお、本作は海外展開もしており、海外版のタイトルは『Fight Crab』である。Fight Crab……ファイトクラブ……ブラピ?

まぁそれはともかく、このゲームは某ハリウッド映画とはまったく関係のない対戦格闘ゲームだ。戦うのはタイトルのとおり「カニ」。ヤドカリやエビもいるので、実際には甲殻類だが。

プレーヤーはカニとなって戦い、「最強のカニ」を目指すのである(なんだ最強のカニって?)。

カニがリボルバーやショットガンをぶっ放す

ルールはシンプル。相手のカニをひっくり返し、3カウント以内に起き上がらなければ勝ち。ひっくり返すためにはダメージを与えなければならない。格闘ゲームによくある体力ゲージが0になるとひっくり返るわけではなく、蓄積されたダメージが100%を越えるとひっくり返りやすくなる。「スマブラ」のシステムに近い。

この連載の一覧はこちら

普通のゲームのようにコントローラーで操作できるが、できることならNintendo Switchのジョイコンを使っての操作をおすすめしたい。右のジョイコンを振れば右パンチ。左のジョイコンを振れば左パンチと、カニになりきって両腕を振り回すことができる。

手先でちょこちょこ動かすのではなく、肩から大きく手ごとジョイコンを振り回せば、気分はもうカニそのもの。肩こり解消にもつながるので一石二鳥だ。

さらにプレーヤーのカニはハサミを使って、武器を扱うこともできる。武器のバリエーションはさまざま。振り回しやすい剣や、相手をたたきのめすのに最適なバットにバール、鎖の先に鉄球がついたフレイルや、遠くの相手を突けるランス、投擲武器の手裏剣やブーメラン、やや反則的なリボルバーやショットガンなど、多くの武器を駆使しながら戦い合う。

アザラシに乗って戦うカニ(写真:Nussoftのトレイラーより)

果てはアザラシまで武器になる。

次ページ「バカゲー」か「隠れた良作」か
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT