「ドラクエXI」徹底的にやりこみわかった真実

「過ぎ去りし時を求めて」に見た微妙な違和感

発売から半年あまり。徹底的にやりこんだからこそ見えてきたものとは? © 2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. ※画面はすべて開発中のものです
物心ついたときからゲームと付き合い続けてきた筆者が、その長いゲーム歴から最新作や過去の名作までを掘り起こして語り尽くす連載。今回は昨年7月29日にPlayStation4、ニンテンドー3DSで同時発売された「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクエア・エニックス、通称「ドラクエXI」)を今さらながらトコトン掘り下げる。

ドラクエXIはすでに発売から半年以上経っているソフトであり、また公式でも「ネタバレイトショー」といったネタバレ前提のトークイベントを行うなどされていることから、この記事もネタバレ前提で書いていきたい。開発中とされているNintendo Switch版などをお待ちの読者はこれ以上読み進めないことをお薦めしたい。

この連載の一覧はこちら

まずは基本的な知識からだ。

ドラクエXIは国民的RPGであるドラゴンクエストシリーズの11作目に当たるタイトルである。初代ドラゴンクエストの発売からすでに30年以上を数え、ゲームにまったく関心のない人でも、その名前くらいは聞いたことがあるはずだ。

PS4版と3DS版との違いを楽しむ人も多い

ドラクエXIは、PS4版と3DS版の2種類が同時発売された。今時、PS4とXBOX ONEとPCといった、高性能な据え置き機同士のマルチタイトルは珍しくないが、高性能の据え置きゲーム機であるPS4と、多く売れている携帯ゲーム機の3DSという、まったく基本性能の異なる2機種で発売されるというのは珍しい。

通常、マルチタイトルでは同じゲームを複数機種で販売するものだが、基本性能が大きく異なる2機種では同じゲームを提供できない。

そこで、ドラクエXIでは基本的なストーリーやイベントなどは同じだが、据え置き機のPS4では鳥山明デザインを存分に活かしたリアルな3Dグラフィックを売りにし、一方、携帯機で性能の劣る3DSではデフォルメ化された3Dと昔懐かしい2Dを切り替えて、ドラクエXIの世界を楽しめることを売りにしている。

次ページシステム面の話をすると
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
迷走する技術者王国<br>ホンダが消える日

「ホンダにしかできないエッジの立たせ方をしないと、ホンダはいなくなる」。八郷隆弘社長が断言。独創性を取り戻そうと、提携や研究開発組織の再編を加速。生き残れるのか。