「ドラクエXI」徹底的にやりこみわかった真実

「過ぎ去りし時を求めて」に見た微妙な違和感

現在では昔のゲームからすれば無限と思えるほどの容量があり、またグラフィックも現実と見まがうようなものも表現できるようになった。ゲームが成長すると、プレイヤーはとてもワガママになった。製作者の都合だけではない、自分だけの冒険をしたいと願うようになった。そしてそれを叶えることができるゲームが支持され売れるようになったのである。

自由を与えずとも、いかにその気にさせるか

僕はオープンワールドの台頭や、ユーザー側がゲーム内のデータを書き換えてゲームをアップグレードする海外のMOD文化の成熟はそういうものだと考えている。

オープンワールドなどのRPGでは、プレイヤーの体験をプレイヤー自身のプレイに委ねることができる。プレイヤーがゲームの世界という箱庭の中で、どこでどんなサブクエストをプレイしようとゲームが破綻しないようにできているのが、オープンワールドの特徴である。

プレイヤーが自己責任でゲームの内容を書き換えるMODの文化は、ともすればゲームそのものを破綻させかねない代物であり、実際に世界観をめちゃくちゃにするようなMODも存在するが、プレイヤーたちに広く支持されているのは、世界観をより深めるゲームに見合うMODである。

そうしたゲームではプレイヤーたちはゲームを素の状態(バニラ)から、自分好みに作り変えて満足を得ている。もちろん素の状態で満足できないゲームをいくらMODで改造しても満足できるようになるとは限らないが、素の状態で満足できるゲームであれば、プレイヤー間でMOD情報を共有することで、もっと楽しい自分好みのゲームに作り変えることができる。

すでに世界中のゲームプレイヤーたちが、自分のゲームを自由にプレイすることに慣れた土俵で、プレイヤーに自由を与えずとも、いかにその気にさせるか。ドラゴンクエストシリーズが戦わなければならないのはそういう土俵の上なのである。

僕にとっては、ドラクエXIは十分な満足を与えてはくれなかった。それは中盤のストーリーがとても良く、仲間たちに愛着を持ちすぎてしまったせいで終盤に納得ができなかったからだ。もし凡庸なRPGであれば、高揚感もなく、ただ「そういうゲーム」として十分納得してプレイしていたはずである。

ドラゴンクエストシリーズはそういうゲームではない。ドラゴンクエストシリーズには、日本のRPGとしてのフラッグシップであってほしい。少なくとも僕はそう考えている。

いつか発売されるであろうドラゴンクエスト12では、十分満足を与えてくれるゲームを生み出してくれるだろうと願っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。