「ドラクエXI」徹底的にやりこみわかった真実

「過ぎ去りし時を求めて」に見た微妙な違和感

現在では昔のゲームからすれば無限と思えるほどの容量があり、またグラフィックも現実と見まがうようなものも表現できるようになった。ゲームが成長すると、プレイヤーはとてもワガママになった。製作者の都合だけではない、自分だけの冒険をしたいと願うようになった。そしてそれを叶えることができるゲームが支持され売れるようになったのである。

自由を与えずとも、いかにその気にさせるか

僕はオープンワールドの台頭や、ユーザー側がゲーム内のデータを書き換えてゲームをアップグレードする海外のMOD文化の成熟はそういうものだと考えている。

オープンワールドなどのRPGでは、プレイヤーの体験をプレイヤー自身のプレイに委ねることができる。プレイヤーがゲームの世界という箱庭の中で、どこでどんなサブクエストをプレイしようとゲームが破綻しないようにできているのが、オープンワールドの特徴である。

プレイヤーが自己責任でゲームの内容を書き換えるMODの文化は、ともすればゲームそのものを破綻させかねない代物であり、実際に世界観をめちゃくちゃにするようなMODも存在するが、プレイヤーたちに広く支持されているのは、世界観をより深めるゲームに見合うMODである。

そうしたゲームではプレイヤーたちはゲームを素の状態(バニラ)から、自分好みに作り変えて満足を得ている。もちろん素の状態で満足できないゲームをいくらMODで改造しても満足できるようになるとは限らないが、素の状態で満足できるゲームであれば、プレイヤー間でMOD情報を共有することで、もっと楽しい自分好みのゲームに作り変えることができる。

すでに世界中のゲームプレイヤーたちが、自分のゲームを自由にプレイすることに慣れた土俵で、プレイヤーに自由を与えずとも、いかにその気にさせるか。ドラゴンクエストシリーズが戦わなければならないのはそういう土俵の上なのである。

僕にとっては、ドラクエXIは十分な満足を与えてはくれなかった。それは中盤のストーリーがとても良く、仲間たちに愛着を持ちすぎてしまったせいで終盤に納得ができなかったからだ。もし凡庸なRPGであれば、高揚感もなく、ただ「そういうゲーム」として十分納得してプレイしていたはずである。

ドラゴンクエストシリーズはそういうゲームではない。ドラゴンクエストシリーズには、日本のRPGとしてのフラッグシップであってほしい。少なくとも僕はそう考えている。

いつか発売されるであろうドラゴンクエスト12では、十分満足を与えてくれるゲームを生み出してくれるだろうと願っている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT