「すき家」「和民」問題の向こうに見えるもの

外食の人手不足が暗示する、日本の将来

藤野 都内のアルバイトで時給1800円というのが出ましたよね。ワタミなどはブラック企業だという批判が増えて、実際に一部の業態などで採用難に陥ったわけですが、このような動きは消費者にとってもマイナスだと思います。人が集まらなくなったら、アルバイトの時給をどんどん引き上げて、何としてでも人材を確保しようとするじゃないですか。

外食産業全般が人手不足ですから、恐らくこれからアルバイトの時給はウナギ登りになるでしょう。そして、引き上げられた時給は結局、価格に転嫁されます。つまり、「安い値段でも良いサービス」というのが、これからの日本では受けられなくなるでしょう。牛丼なんかも、ひょっとしたら深夜割増料金が設定されるかも知れません。

渋澤 あと、気になるのがミスマッチの問題。確かに人手不足はあるのだけれども、特に新卒で就職を希望している学生と、採用する企業側との間に、ミスマッチが生じていると思います。たとえば、今の若者は就職の時、100社とか200社に応募するわけですが、企業側はまず有名大学から学生を採ろうとしますから、そうでない大学の学生は入口段階で振り落とされてしまいます。でも、有名大学の学生は人数に限りがある。結果、こうしたミスマッチによって、多くの企業が採用難に陥ってしまうという構図です。

中野 今も有名大学かどうかで、足切りをやっているんですか。

藤野 リクルーターの立場からすれば、ある程度は仕方がないと思います。物すごい人数の学生が就職を希望してくるのですから、何かを基準にしてバサッと振り落とさなければならない。

渋澤 「教育強者」は選択肢がたくさんあるから問題ないのですが、そうでない大学に行った子供の親は、パニック状態に陥っていますよ。「うちの子は就職できるの?」ってね。

次ページ普通のオフィスワーカーの仕事は、なくなる
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ZOZOに立ちはだかる<br>「ゾゾ離れ」より深刻な課題

盤石だったZOZOの収益基盤が揺らぎ始めた。常時割引の有料会員サービスで混乱を招いたが、さらに深刻な事態が。今年度の通期業績が上場後初の営業減益になる見通しとなったのだ。上場以来最大の正念場を乗り越えることができるか?