GPIF改革、本当にこれでいいの?

日本株の運用比率を見直すだけではダメ

アベノミクスで、長期資金にも関心が向けられるようになったのはよいこと。だが、日本株の運用比率の見直しだけにとどまっていてはいけない(NY証券取引所で、AP/アフロ)
近頃、新聞などで目にする「GPIF改革」。「GPIFってなんだ?」と思っている方もいらっしゃるかも知れません。でも、これは私たちの老後に関わる、大きな問題です。株価にも影響を及ぼしてくるでしょう。果たして、GPIF改革とは何なのか。草食投資隊が、わかりやすくひも解きます。

そもそもGPIFって?意外に覚えるのはラクラク

渋澤 GPIFって言われても、なかなか正式名称がスラスラ出てくる人って、少ないでしょう。

中野 年金積立金管理運用独立行政法人。漢字がずらっと続くから、読みにくいですしね。

藤野 区切って読めばいいんですよ、これ。つまり「年金積立金」、「管理運用」、「独立行政法人」ってね。

中野 あ、なるほど。これはわかりやすい。

渋澤 英語で言うと?

またまた~。え~っと、ガバメント・ペンション・インベストメント・ファンドでしょ。

藤野 よくできました~(笑)。

中野 当然です(笑)。あ、ちなみにGPIFっていうのは、厚生年金や国民年金の積立金を運用している機関のことです。これを読んで下さっている読者の皆さんの老後に関わる問題ですからね。

次ページ運用比率を上げれば、株価は上がるかもしれないが・・
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 財新
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。