「すき家」「和民」問題の向こうに見えるもの

外食の人手不足が暗示する、日本の将来

中野 でも、就職人気ランキングなどを見ていると、どうも多くの学生は普通のオフィスワーカーを目指しているとしか思えないんですよね。

渋澤 それは、就職をしようとしている子供の親の価値観が、そこにあるからでしょう。我が子には安定した生活をしてもらいたい。そうなると、自然のうちに普通のオフィスワーカーが良いということになるのだと思います。

個人投資家にコツコツ投資を説く「草食投資隊」の地道な活動が、いま実り始めている(セゾン投信社長中野晴啓さん(左)、コモンズ投信会長渋澤健さん(中)、レオス・キャピタルワークスCIO藤野英人さん(右)

藤野 グローバル化、インターネット化が大きく進んだ現代社会ですが、ドメスティックだからこそできる仕事というのも、実際にはあるんですよね。たとえば、アマゾンで買われるモノの数が3倍になれば、それを運ぶ人も3倍必要になります。運送会社なんて、まさにその典型ですし、そこには大きなビジネスチャンスが眠っているはずです。

中野 それにしても、この人手不足を解消するには、どうすれば良いのでしょう。移民の受け入れは、もう否定できないところまで来ているように思えます。

藤野 ただ、日本人の中には偏狭な人もたくさんいて、移民が増えると大きな衝突につながると思います。なし崩し的に移民を受け入れざるを得なくなるとは思いますが、さまざまな軋轢を生むでしょう。

中野よく言われることではありますが、女性がもっと外で働ける環境を整えていくことも大事ですね。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。