日本の不思議な「夜の接客業界」

女子高生カフェはNGでも、熟女クラブはOK!?

 グローバル化の進展により、国の枠を超えて活躍する「グローバルエリート」が生まれている。そんな中、人気コラム「グローバルエリートは見た!」の筆者で、『世界中のエリートの働き方を1冊にまとめてみた』の著者であるムーギー・キム氏が後継者を募集。“芸風が似ている”ということで後継コラムニストとして指名されたブラザー・キム氏が、香港を拠点に世界を飛び回りながら、一流エリートと二流エリートの違いをつづっていく。

 

「早上好(ザオシャンハオ=おはようございます)!」というわけで、私は今日もまた香港のペニンシュラからヴィクトリア湾を眺めながら、朝の5時に起きてこれを書いているわけであるが、最近、日本に滞在していたときに驚いた、日本の接客業の数々に関して一筆書かせていただこう。

ロリコン文化を売るビジネスがあるのは、日本だけ

先日、久しぶりに来日中の私は、日本ならではのエンターテインメント業界を楽しもうと思って、恥ずかしながらたまたま新橋を歩いているときに目についた“女子高生カフェ”とやらに、そうとう年上の友人(某メガバンクの、けっこう偉いさん)に強引に誘われて、足を運んでみた。

まず、こういう“女子高生カフェ”とやらは秋葉原のオタクワールドだけに存在すると思っていたのだが、けっこう都内の各地に拡散しているようである。日本はロリコンが多いことと、ロリコン文化が広く浸透していることで世界的に知られているが、こんな商売が許されているのはまず驚きであった。私は実は大概の国で働いてきたが、制服姿の女子高生が接客することを許されている国は正直、見たことがない。

雑居ビルの一室に入ると、女子高生の制服に身を包んだ女の子たちが、カウンター越しにお酒を提供している。別にキャバクラとかと違い、隣に座って手を握るとかではなく、単に女子高生と話しながら酒を飲むという異様な空間だ。客層をみるとバーコードヘアスタイルの50~60代のおじさんが、娘というか孫にすら見える高校生相手に、それはそれはうれしそうな笑顔をのぞかせている。

私が「なんでおねえさん、ここで仕事してるの?」とやぼな質問をしてみたところ、「将来、女優さんになりたいんだけど、なんでも挑戦してみようと思って。ほら、今しかできないし……」という謎の答えが返ってくる。話はたいして弾むこともなく、私は一緒に来たおじさんフレンドに「われわれ世代の世界に帰りましょうか?」と促し、ウーロン茶を女子高生と何杯か飲んでその場を後にしたのだが、わたしはそこで、以前、女子高生の耳かきサロンでストーカー殺人が起こったことを思い出した。

次ページ次は年齢相応の店へ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT