1日4時間営業の、小さなバーが流行る秘密

成功の秘訣はクラブとバーのすき間産業

名古屋で10年働いている東京出身の知人と久しぶりに再会し、仕事がらみで会食をすることがあった。僕は名古屋駅前の居酒屋を予約したが、知人によると名古屋の中心地は今でも「栄」なのだという。会計を済ませると、気遣い上手の知人は「ご馳走になったから、2軒目は私が出します。女子大のワインバーに行きましょう」と誘ってタクシーを拾ってくれた。ん? 女子大で飲むの?

知人によれば、名古屋には「女子大小路」という地域があるという。女子大があるわけでもなく、その手の風俗店が集中しているわけでもない。中区栄4丁目一帯を指す通称らしい。

「錦三で食事して女子大で飲み直す。名古屋のサラリーマンなら1度は経験したことがあるコースです。というか、錦三と女子大だけ知っていれば問題はありません。狭い街ですからね」

知人は淡々と教えてくれた。なお、「錦三(きんさん)」は中区錦3丁目一帯を指し、名古屋随一の繁華街だ。女子大小路から徒歩10分で行ける。今度からは錦三で1軒目を探そう…。

タクシーを降りると、スナックなどが入る雑居ビルが立ち並ぶ通りに来ていた。エレベーターで5階まで上がり、重い扉を開けると高級感漂うワインバーだった。

いじり上手の女性スタッフといじられ上手の男性スタッフが勤務しているワインバー「フィネス」へようこそ!

ジーパンとダウンジャケット姿で来てしまったことを若干後悔したが、飲み始めると肩肘張る必要はないことに気づいた。ワインの知識などは不要で、少しエッチな笑い話をしながらおいしく楽しく飲める店だ。聞けば、店長の島田智子さん(41)は僕と同じく埼玉県出身で、会社の転勤で名古屋に来て結婚して愛知県人になったという。なぜか共感を覚える。

「2年前に離婚しましたけどね。今はシングルマザーです。取材? もちろん、いいですよ。隠すことは何もありませんから」

20年前に愛知にやってきて、現在は腰を据えてワインバーを経営している島田さんの物語を聞くことにした。

次ページ何で私がこんな田舎に…と思っていました
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。