キャバクラ代の領収書でも節税できる!?

すきま時間に読む、サラリーマン節税の話

公認会計士・税理士の小澤善哉です。このたびなぜ犬神家の相続税は2割増しなのか』(東洋経済新報社)を出版しました。簡単にできる節税方法や、税金で損しない方法が書かれていますので、ぜひ本をお読みいただきたいと思います。このオンラインでは3回にわたり、みなさんの興味のありそうな分野に絞り、役に立つ税金の話をします。前回は「サラリーマン節税の落とし穴」でしたが、今回は、「税金の取り戻し方」についてです。スーツ、飲み会、ゴルフに英会話スクール…。サラリーマンでも「あらゆる領収書は経費に落とせる」ことを、みなさんご存知でしたか?

自腹で払った領収書は取っておこう

仕事に関連した支出なのに、会社が経費として認めてくれず、泣く泣く自腹を切ったという苦い経験を、多くの方がお持ちでしょう。

でもあきらめるのは、まだ早いのです。その自己負担額は、自分の節税に使えるかもしれません。後で述べる条件さえ満たせば、本人の税金を計算する際に、その自己負担額を経費として差し引くことができるからです。

次ページえっ?飲み代の領収書で節税?
人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。